今日の晩ごはん

カジキマグロとパプリカのバジルアヒージョ

調理時間
25分

風味の良いバジルオイルでしっとり!

パサつきやすい魚は、オイルで煮ると冷めてもしっとり。旨味が染み出たオイルには、バゲットを浸すと美味! 色鮮やかなパプリカで食卓を華やかに。

材料 ( 2人分 )

  • カジキマグロ …2切れ
  • パプリカ …1個
  • ニンニク …1片
〈バジルソース〉
  • バジル(葉を摘む) …10g
  • オリーブ油 …大さじ3
  • 塩 …ひとつまみ
  • 塩 …小さじ1/2
  • 粗挽き黒こしょう …適量
  • オリーブ油 …100ml

作り方

1 下ごしらえをする
カジキマグロはひと口大に切って、塩、黒こしょうを振る。パプリカは縦8等分に切ってから長さ半分に切る。ニンニクは半分に切って芽を除く。
2 バジルソースを作る
バジルソースの材料を混ぜ合わせ、ハンディーブレンダーなどで撹拌する。
3 加熱する
スキレットなどの耐熱容器にニンニク、油、2を大さじ1入れて中火にかけ、香りが立ったらカジキマグロ、パプリカを加える。火を弱めて、時々返しながら6〜7分、カジキマグロに火が通るまで加熱する。

Point

  • たっぷりの油を弱火で加熱する

    アヒージョは、たっぷりのオリーブ油で煮るように加熱するのが最大のポイント。油でコーティングされてしっとりと仕上がる。

副菜 memo

バゲットを合わせるのがお約束

旨味が染み出たオリーブ油に、バゲットを浸して食べるのが定番。お酒のつまみにも最適なひと品。バジルソースをそのままつけて食べても美味しい。

手島渚さんの「腸から身体をととのえる」女性の不調を改善するセルフ腸もみ講座 募集開始 『Hydro Flask』×Kurashi   仕込んだ具材を入れるだけ!簡嘽・便利なフードジャー 料理教室 2018年11月17日(土) 基本から応用まで!今が旬の鮭レシピ