今日の晩ごはん

タラと白菜の蒸し焼き

調理時間
25分

タラの旨味を白菜の大きな葉でぎゅっと閉じ込めて

焼いてから蒸すことで、白菜の甘みと香ばしい味わいが楽しめる! 白菜の大きさを生かした盛り付けもおしゃれ。タラは粗めに叩いて、ぷりっとした食感を残します。

材料 ( 2人分 )

  • 白菜 …1/4株
  • 生タラ …3切れ
<A>
  • 酒 …小さじ2
  • 柚子こしょう …小さじ1
  • 塩 …小さじ1
  • 砂糖 …ひとつまみ
  • オリーブ油 …小さじ2

作り方

1 下ごしらえをする
白菜は芯をつけたまま水洗いし水気を切っておく。
2 タラを切る
タラは皮と小骨を取り除き、包丁で軽く叩き(細かく刻み)、粘り気が出たらボウルに入れて、<A>を加えて混ぜる。白菜の葉と葉の間に詰めて、縦半分に切る。
3 焼く
フライパンに油を中火で熱し、2を入れる。約3分焼いて、焼き色がついたら裏返し、蓋をする。強めの弱火にして5~6分蒸し焼きにする。食べやすい大きさに切っていただく。

Point

  • 白菜にタラを塗る

    白菜の葉の表面にタラを刻んだものを塗る。芯をつけたままにしておくとずれないので塗りやすい。

  • 鍋や煮物に使うことの多い白菜。今回は蒸す前にしっかりと焼きつけることで白菜の甘みを引き出す。香ばしい香りと、とろっとした食感を両方味わえる。定番の野菜も調理法を変えてみるだけで、新鮮な味に。

副菜 memo

味つけをガラリと変えたものを

野菜と魚がメインの主菜には、きのこの副菜を添えて栄養満点に。主菜がシンプルな味つけなので、副菜はバター醤油焼きなどこってりとしたものや、コクのあるものを合わせてバランスを取って。