今日の晩ごはん

ブリのみぞれ煮

調理時間
20分

寒ブリの旨味を上品にいただく

脂がのった寒ブリに上品なダシ汁を吸ったみぞれ、香り立つ柚子が絶品。焼いた後にお湯で油を落とすというひと手間が、美味しく仕上げるポイント!

材料 ( 2人分 )

  • ブリ …2切れ
  • 大根 …10㎝
  • 塩 …小さじ1/3
  • 薄力粉 …適量
  • 油 …大さじ2
<A>
  • ダシ汁 …250cc
  • 酒 …大さじ2
  • みりん …大さじ1と1/2
  • 薄口醤油 …大さじ1と1/2
  • 柚子の皮 …適量

作り方

1 下ごしらえ
ブリに塩をして冷蔵庫で1~2時間置く。大根はおろしてザルに上げ、10分ほど置いて水分を自然にきる。
2 ブリを焼き、油を流す
ブリの水気を拭き、薄力粉をはたき、フライパンに油を入れて両面を焼く。網の上において熱湯を回しかけ油を流す。
3 煮る
鍋にAを入れて中火にかけ、沸騰したら2のブリを入れ、5分ほど煮たら2の大根おろしを入れ、温まる程度に火を入れる。
4 盛り付ける
器に盛り、刻んだ柚子の皮を散らす。

Point

  • 大根おろしは自然に水きり

    大根おろしは搾りすぎると味が抜けてしまうので、ザルに上げて自然に水きりするとよい。10 分ぐらい置けばOK。

  • ブリはフライパンで焼いた後、熱湯をかけると余分な油が落ちてさっぱり仕上がる。このひと手間が冷水さん流の美味しく仕上げるコツ。

副菜 memo

具だくさんのあったか粕汁を添えて

豚と根菜の粕汁を添えるのがおすすめ。人参、レンコン、大根などの他、長ねぎなどお好みの野菜と豚肉を少し加えればボリューム◎ ほうれん草の白和えで緑の野菜をプラスすれば栄養バランスも彩りも完璧!