今日の晩ごはん

マグロとアボカドのピリ辛ヅケ丼

調理時間
10分

ピリ辛タレが決め手の豪華などんぶり

相性抜群のマグロとアボカドを、豆板醤とごま油でピリ辛風味に。漬込まないでOKのヅケ丼だから、あっという間にでき上がり。簡単豪華でおもてなしにも喜ばれます!

材料 ( 2人分 )

  • マグロ(刺身用) …150g
  • アボカド …1/2個
<タレ>
  • 醤油 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 豆板醤 …小さじ1/2
  • ごま油 …小さじ1
  • 三ツ葉 …1束分
  • 白ゴマ …適量
  • ご飯 …2膳分

作り方

1 下ごしらえをする
マグロは刺し身用に切る。アボカドも食べやすい大きさにカットする。
2 タレに漬ける
漬け用のタレを混ぜ合わせ1のマグロをくぐらせる程度に軽く漬ける。
3 盛りつける
ご飯に刻んだ三ツ葉、白ゴマを混ぜ、アボカドと2のマグロを交互にのせる。

Point

  • タレの割合と漬け方に
    ひと工夫

    同量の醤油とみりんに、豆板醤とごま油を少量加えてピリっとしたアクセントを。ヅケというと長時間漬込む印象だが、タレの味がしっかりしているのでくぐらせるだけでOK。

  • アボカドの保存は種付きがおすすめ

    アボカドは空気に触れると変色しやすいが、半分残ったアボカドを種付きのままラップをして冷蔵庫で保存すると変色しにくい。

  • 彩り鮮やかで、お腹もしっかり満たしてくれるヅケ丼は、おもてなしにも喜ばれる一品。大皿に盛りつけて華やかさを出すと、パッと目を引くテーブルの主役に。

副菜 memo

梅干し入りの即席おつゆがおすすめ!

ヅケ丼はコクのあるしっかりとした味わいなので、梅干しの酸味がさっぱりとするおつゆが◎。梅干し、とろろ昆布、カイワレ、輪切りのミョウガを入れてお湯を注げばでき上がり。