今日の晩ごはん

リトアニア風 ポテトグラタン

調理時間
60分

ジャガイモのもっちりとした食感を楽しんで

リトアニアはジャガイモ料理が豊富。今回はじゃがいも生地の下に、鶏手羽を敷きつめましたが、チーズやベーコンなど、気分でアレンジしても。サワークリームとの相性も抜群です。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • ジャガイモ …5個
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ニンニク …1片
A
  • 卵 …1個
  • レモン汁 …少々
  • 小麦粉 …大さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
具材
  • 鶏手羽中 …200g
  • 塩、こしょう …適量
  • サラダ油 …適量
ソース
  • 豚肉(こま切れ) …150g
  • サワークリーム …200ml
  • 玉ねぎ …1/2個
  • ディル …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
具材の鶏肉に、塩、こしょうを振る。フライパンに油を熱し、鶏肉を両面に焼き色が付くまで焼く。ソース用の豚肉は細かく切り、玉ねぎは薄切りにする。
2 生地を作る
ジャガイモ、玉ねぎは皮をむきくし形切りにし、ニンニクは芯を取り除いてフードプロセッサーでピューレ状になるまで撹拌する(フードプロセッサーがない場合はすりおろす)。Aを加えてさらに撹拌する。
3 オーブンで焼く
耐熱容器に1を並べ、その上に2を流し入れる。200℃のオーブンで30分、表面に焼き色が付くまで焼く。
4 ソースを作る
3を焼いている間にフライパンを熱し、豚肉をカリカリになるまで炒めたら、玉ねぎを入れさらに炒める。サワークリームを加え、ひと煮立ちさせる。
5 仕上げる
3が焼き上がったら切り分けて、4のソースをかけていただく。好みでディルを添える。

Point

  • ジャガイモと玉ねぎをピューレ状にする

    ジャガイモと玉ねぎをフードプロセッサーで撹拌して写真のような状態にしたものを耐熱容器に流し入れて、オーブンで焼く。なじみの野菜も調理法を変えると異国の雰囲気に。

副菜 memo

スープで満足度の高い献立に

もっちりしたジャガイモの生地には、スープを合わせるとボリューム、味のバランスともに抜群な献立に。トマトのスープや、ザワークラウトのスープがおすすめ。