今日の晩ごはん

鶏手羽とゆで卵の黒酢煮

調理時間
30分

夏の疲れを吹き飛ばす黒酢の酸味

黒酢のキリリとした酸味とコクが主役。鶏肉は下ゆでをして余計な油を落として、さっぱりと。うずらの卵も加えて子どもも喜ぶおかずに。

材料 ( 4人分 )

  • 手羽先 …16本
  • ゆで卵 …4個
  • うずらの卵(水煮) …8個
<A>
  • 黒酢 …1/2カップ
  • 水 …1/2カップ
  • 醤油 …1/3カップ
  • 酒 …1/3カップ
  • 砂糖 …大さじ2
  • 赤唐辛子 …2本
  • ニンニク …2片
  • ショウガ(薄切り) …2片分
  • ほうれん草 …1束

作り方

1 下ごしらえをする
鍋に湯を沸かし、手羽先をさっとゆでてざるにあげる。ほうれん草は塩ゆでして4㎝幅に切り、水気を絞る。<A>のニンニクはつぶしておく。
2 煮る
大きめのフライパンに<A>をすべて入れて煮立て、1の手羽先、ゆで卵、うずらの卵を入れて蓋をして弱火で20分以上煮る。肉がとろとろになったら、水分を飛ばすようにしてタレを煮詰める。
3 仕上げる
器に鶏肉、卵、ほうれん草を盛り合わせる。

Point

  • 強火で水分を飛ばす

    肉がとろとろになったら蓋をとり、強火であおるようにして水分を飛ばす。汁を飛ばすと酸味や旨味が強く出て、メリハリのある味に。

  • 黒酢にはアミノ酸が多く含まれているため、シンプルな作り方でも簡単にコクと旨味が生まれる。また、黒酢特有の甘みで深みのある味わいに。照りが綺麗に出るので、煮物の際に重宝する。

副菜 memo

中華風の献立に

たたきキュウリのごま和えなど、ごま油ベースのおかずを合わせれば、ごはんがすすむ中華風献立の完成。副菜はさっぱりとシンプルな味付けのものを合わせると、主菜の酸味とコクが生きる。