今日の晩ごはん

豚とリンゴの粒マスタードソテー

調理時間
20分(豚肉を常温に戻す時間は除く)

リンゴでごちそう感がアップ!

果物を取り入れて、普段とは少し違ったメインディッシュに。リンゴの甘酸っぱさと香ばしい豚肉を、マスタードソースがつなぎ、口の中で心地良いハーモニーが生まれる。

材料 ( 2人分 )

  • リンゴ …1/2個
  • 豚ロース肉(とんかつ用) …2枚
  • 塩 …少々
  • 小麦粉 …少々
  • バター …20g
  • 粒マスタード …大さじ1と1/2
  • 牛乳 …50ml
  • クレソン(水菜などで代用可) …適量

作り方

1 下ごしらえ
豚肉は30分程常温に置いておき、軽く塩をかけたら小麦粉を振っておく。リンゴは幅1cmに切り、種部分は除く。酢大さじ2と水1カップ(分量外)を入れたボウルにリンゴを5分程入れ、水をきっておく。
2 焼く
熱したフライパンにバターを入れ、豚肉、リンゴを並べ両面焼く。マスタード、牛乳を加え混ぜたら火を止める。器にクレソンと盛り付ける。※フライパンにリンゴと豚肉が一度に入らない時は、リンゴを先に焼いて一度取り出し、豚肉を焼く。豚肉が焼けたらリンゴを再度入れ、味つけをして仕上げる。

Point

  • 隠し味に牛乳を入れる

    マスタードソースにはちょっぴり牛乳を加えることで、酸味が和らぎ、マイルドに仕上がる。

  • 豚肉は常温に戻して軟らかく仕上げる

    冷蔵庫から出したての冷たい状態で焼くと、中まで火が通る間に外側が硬くなってしまうので、常温に戻して焼く

  • リンゴを入れて酸味と甘みをプラスすることで、いつもの豚肉のソテーがごちそうに。リンゴは大きめにスライスして豚肉に負けない存在感を残して。種類はなんでも良いが、水分が多いものだとジューシーに仕上がるのでおすすめ。

副菜 memo

洋風の献立にまとめて

副菜には、ふかしたジャガイモを。ソースと絡めて食べても美味しい。主食はガーリックトーストやシンプルなオイルパスタなどを合わせて、ワインとともに楽しみたい。