今日の晩ごはん

味噌バターチキン

調理時間
20分

味もボリュームも申し分なし! これぞガッツリおかず

ほおばるごとに肉汁があふれだすジューシーな鶏肉に、はちみつを隠し味に使って適度な甘みを出したこってりダレが好相性。タレは一緒に焼いた野菜につけて食べても◎。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …2枚
  • ししとう …6本
  • 塩、こしょう …各少々
  • バター …大さじ1
  • サラダ油 …適量
<タレ>
  • 味噌、はちみつ …各大さじ1
  • 醤油 …小さじ1
  • 水 …大さじ1

作り方

1 肉に下味をつける
鶏肉は身の厚いところに切り込みを入れ、厚さを均一にする。塩、こしょうを全体にまぶす。
2 肉を焼く
フライパンを中火にかけて油を熱し、鶏肉の皮目を下にして入れる。皮目に少し焼き色がついたら、弱火にしてじっくり焼く。フライパンの空いているところでししとうを焼き、焼き色がついたら取り出す。
3 タレを加える
両面が色よく焼け、中まで火が通ったら、混ぜ合わせておいたタレを回しかける。タレをスプーンで鶏肉にかけながら焼く。
4 仕上げる
汁気がなくなったらバターを加え、全体に絡める。

Point

  • 鶏肉に切り込みを入れる

    厚いところに切り込みを入れて、肉の厚さを均等にする。加熱ムラが起きず、火の通りも良くなる。

  • タレの材料と一緒にバターを加えると香りが飛んでしまうので、必ず最後に加える。バターで味に深みとコクが出てこの1品だけでも満足できるおかずに仕上がる。

副菜 memo

野菜をたっぷりと食べる

これだけでご飯が進み、野菜不足になりがちな主菜には、温野菜サラダを添えて栄養バランスをとる。肉を焼いている間に、ニンジン、ジャガイモ、レンコンなどの根菜を蒸して、レモンマヨネーズでいただく。