今日の晩ごはん

新ジャガと手羽元のニンニク風味照り煮

調理時間
30分

新ジャガに鶏肉とニンニク、2つの旨味を染み込ませる

みずみずしい新ジャガは、皮はむかず煮物にしていただくのが一番。鶏肉の旨味にニンニクのコクが合わさり、あとを引く味に。仕上げに煮詰めて、美しい照りを出す。

材料 ( 2人分 )

  • 新ジャガイモ …5個(約300g)
  • 手羽元 …6本
<A>
  • 水 …1と1/3カップ
  • 醤油 …大さじ2
  • はちみつ …大さじ1と1/2
  • ニンニク(すりおろし) …小さじ1/2
  • 白ごま …小さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
ジャガイモは皮つきのままよく洗い、半分に切る。手羽元はさっと洗って水気を押さえる。
2 煮る
鍋に<A>を沸かして1を入れ、落とし蓋をして弱めの中火で約15分煮る。
3 仕上げる
最後に蓋を取り、強めの中火で2分程、つやが出て煮汁がほとんどなくなるまで煮る。器に盛り、白ごまを振る。

Point

  • 最後に煮詰めてつやを出す

    全体に火が通ったら、火をやや強めて煮汁がほとんどなくなるまで煮詰めて、全体にきれいなつやを出す。縁が焦げそうになったら、キッチンペーパーでふき取りながら煮る。

  • 味が単調になりがちな煮物には、ニンニクを入れると旨味が加わり、味に深みが出る。低臭ニンニクを使うと、臭いが気にならなくなるだけでなく、胃への負担も抑えられるので、重宝する。

副菜 memo

箸休めにもなるナムルを

醤油とはちみつで甘じょっぱく仕上げた煮物には、ごま油の香りが利いた、ほうれん草と豆もやしのナムルがよく合う。一緒にゆでる場合は豆もやしからゆでると失敗しない。ほんの少し砂糖を加え丸みのある味に。