今日の晩ごはん

ベトナム風辛くない和え麺

調理時間
25分

香り立つセロリ、香菜、バジルをたっぷりトッピング

ナンプラーがベースのタレが絡んだ、つるんとした食感の米麺は絶品。刻んだピーナッツや、干しエビがあるだけでぐっと本場の味に近づく。トッピングの野菜の量や種類はアレンジ可能。

材料 ( 2人分 )

  • 米麺(ビーフン) …200g
  • 鶏ささみ肉 …3本
  • セロリ …1と1/2本
  • 香菜 …2株
  • バジル …1株
  • 万能ねぎ …3本
  • セロリ(葉部分) …1本
  • ピーナッツ …大さじ2
  • 赤玉ねぎ …1/4個
<A>
  • ナムプラー …大さじ2
  • 塩 …小さじ1/2
  • 砂糖 …小さじ1/2
  • 黒こしょう …適量
  • 干しエビ(みじん切り) …大さじ1
  • 香味油 …大さじ2
<香味油>
  • ニンニク …1片
  • 花山椒 …小さじ1
  • なたね油 …100ml

作り方

1 香味油を作る
ニンニクは芯をとり軽く潰して鍋に入れて、花山椒となたね油を加える。弱火にかけふつふつ沸騰してきたら火をとめて冷ます。
2 食材を切る
香菜、万能ねぎ、セロリは葉の部分を2センチ長さにざく切りにして混ぜておく。玉ねぎは薄切りにして水にさらしてざるにあげよく水気をとる。ピーナッツは砕いてフライパンでから炒りして冷ます(密封容器で冷蔵庫保存可)。鶏肉は筋をとり開いてゆでて食べやすい大きさに手でさく。
3 タレを作る
ボウルにAを混ぜ、1の香味油を加える。
4 麺をゆでて仕上げる
鍋に湯を沸かし、米麺を袋の表記通りにゆで、ざるにあげる。流水で冷まし水気をよく切る。器に麺を盛り付け、2の食材とバジルをのせて3のタレを適量かける。

Point

  • ささ身を使う

    鶏肉は火の通りが良いささ身をつかって時間短縮。ゆで時間を短くすると軟らかく仕上がる。

  • 香味油を仕上げにかける

    ニンニク、花山椒で香りづけした油をかけることで本格的な味に仕上がる。常温で日持ちする。

  • 米麺はのどごし抜群な平麺をつかうのが瀬戸口さん流。「もちもちっとした食感がお気に入りで必ず平麺を使っています」さまざまな種類が販売されているので自分好みの麺を見つけてみよう。

副菜 memo

鶏肉をゆでた汁を活用

せっかく鶏の旨味が出たゆで汁を捨ててしまうのはもったいない! 塩、ナンプラーで味付けして、レタスや万能ねぎを加えれば立派なスープに。さらにトマトのサラダを添えると食卓も華やかに。