今日の晩ごはん

メカジキのバルサミコバター煮

調理時間
20分

いつもの煮魚が洋風に変身

バルサミコ酢とバターが香る煮汁を、ソースのようにからめながら食べる。メカジキは強めの火で炊くように、短い時間で煮込むことで、身が崩れずしっとりと仕上がる。

材料 ( 2人分 )

  • メカジキ …2切れ
  • 水 …約200ml
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • きび砂糖 …大さじ1
  • 酒 …大さじ2
  • バルサミコ酢 …大さじ1
  • ショウガ …1/2片
  • バター …10g
  • みりん …大さじ1

作り方

1 下ごしらえ
ショウガは薄くスライスする。メカジキはざるにのせて熱湯をかけて霜降りする。
2 メカジキを煮る
鍋にメカジキを入れ、水を入れ(ひたひたになるぐらい)、醤油、きび砂糖、酒、バルサミコ酢を入れ、軽く混ぜ、ショウガを入れ、強火にかける。
3 さらに煮詰める
沸いてきたら、中火にし(泡が勢いよく出てくるぐらいの火加減をキープ)煮詰めていく。アクをすくい、魚の表面に煮汁をかけながら煮詰めていく。
4 仕上げる
煮汁が半分以下になったら、バターとみりんを加えて、煮汁を魚にからめながら煮込み、煮汁が1/3程度になったところで火を止める。

Point

  • 泡がたつくらいの火加減で、さっと煮込む

    強めの火加減で火を通すことで、生臭さを飛ばすと同時に、旨味を閉じ込め、身もしっとりとした仕上がりに。

  • 煮汁に、バルサミコ酢とバターを少し加えるのがマツーラさん流。コクと香りが増し、醤油味ベースの煮魚が、洋風の一品に! 冷めても美味しいしっかりとした味で、ごはんも進む。

副菜 memo

プチトマトのオレンジマリネ

半分に切ったプチトマトに、オレンジ果汁、バルサミコ酢、塩、こしょう、ミントやバジルなど好みのハーブを加えて混ぜ、30分ほど漬けて作る。さっぱりとしたマリネがコクのある煮物にマッチ。