今日の晩ごはん

メバルの姿煮

調理時間
50分

メバルを上品な煮付けで味わう

作るのが難しいイメージのある姿煮も、水と酒を合わせた玉酒で煮込めば失敗知らず。米ぬかで軟らかく煮たごぼうの爽やかな香りが煮汁を引き立ててくれる。

材料 ( 2人分 )

  • メバル …2尾
  • ゴボウ …1/2本
  • 米ぬか …適量
  • 実山椒 …小さじ2
<A>
  • 醤油 …50ml
  • みりん …50ml
  • きび砂糖 …大さじ2
<玉酒>
  • 酒 …大さじ3
  • 水 …100ml
  • スナップえんどう …適量

作り方

1 下ごしらえをする
メバルは表面を水洗いし、包丁でうろこを払う。内臓を取り出し、腹の中をきれいに洗い、水気をふき取る。包丁で斜めに切れ目を入れる。
2 ゴボウをゆでる
ゴボウは皮を包丁の背でこそげて半分に切り、水と米ぬかをいれた鍋で30~40分、軟らかくなるまでゆでて水にさらす。
3 魚を煮る
テフロン加工のフライパンに、Aを入れて沸かし、(冷たいうちにいれると、生臭くなるので注意)盛り付けるほうを上にして、メバルと2のゴボウ、さっと水で洗った実山椒を入れる。玉酒を2、3回にわけて加えながら、落とし蓋をする。煮汁が落し蓋にかかるか、かかからないか程度の火力(中火)で、7~8分煮ていく。
4 仕上げる
3を器に盛り付け、食べやすい大きさに切ったゴボウを添え、煮汁を張る。好みでゆでたスナップえんどうを添える。

Point

  • 玉酒をあらかじめ用意する

    水に酒をあらかじめ混ぜておいたもので煮ると軟らかく仕上がる。

  • 内蔵を取る

    割り箸2本を魚の口から両方のエラを通して内蔵に刺すように入れ、2本同時にねじる。内蔵がとれた感触がしたら引き抜く。

  • ショウガの代わりに、実山椒(山椒の水煮)を使う(大型スーパーなどで入手可能)。ピリリとした香りと辛みが全体を引き締めてくれる。食材の臭み消しの効果もあるので、常備しておくと便利。

副菜 memo

ご飯にあうおかずを

こってりとした味付けの姿煮はご飯のおかずにぴったり。副菜もご飯に合う卯の花の煎り煮などを合わせるとますますご飯がすすむ。ニンジンやこんにゃくなど色とりどりの具材を入れれば食卓も華やかに。