今日の晩ごはん

たらの芽と麩の鍋

調理時間
15分

素材の味をそのまま鍋で

ほっくりとした味わいのたらの芽と、醤油ベースの優しいダシ汁をたっぷり吸ったジューシーな麩がお腹も心も満たしてくれる。大満足のヘルシー鍋をたくさん召し上がれ。

材料 ( 4人分 )

  • たらの芽(小ぶりのもの) …12個
  • 車麩 …12個
  • 黄ニラ、うるい、みぶな等の葉もの野菜 …適量
  • 鍋汁和だし汁 …1.2リットル
  • 塩 …小さじ1/2
  • 砂糖 …小さじ2と1/2
  • 酒 …大さじ3
  • みりん …大さじ2
  • 醤油 …大さじ2
  • 揚げ油 …適量
  • 七味、柚胡椒 …お好みで

作り方

1 下ごしらえをする
たらの芽は付け根のはかまを取る。黄ニラなどは7cmぐらいの長さに切っておく。
2 麩を揚げる
麩は低温で薄く色づくまで揚げておく。
3 鍋に入れる
土鍋に鍋汁を沸かし、麩を食べる量だけ入れる。弱火で7分ぐらい汁を吸って柔らかくなるまで煮る。たらの芽も一緒に軽く煮る。麩を全て食べ終わったら葉を入れてさっとゆがく。汁が足りなくなったら足し、味が濃くなっていたら水を加えながら調整する。

Point

  • たらの芽の下処理は簡単!

    春の山菜の中でもアクの少ないたらの芽。付け根部分にあるはかまを取り除けばOK。大ぶりのたらの芽はアクが強いので小ぶりのものを選んで。

  • 麩は素揚げするとジューシー感がアップ

    一度素揚げした麩を入れることで、鍋のダシをたっぷり吸ってより深く味が染み込みジューシーな食べごたえに。揚げ方は、低温で薄く色付けばOK。

  • 他に鍋に入れる具材として、葉もの野菜が合う。写真上から、みずみずしい山菜のうるい、シャキシャキとした食感のみぶな、ニラより柔らかくほのかに甘みのある黄ニラ、おもてなしには特別感のある素材を使うのがタカハシさん流。

副菜 memo

箸休めのちょっとしたひと皿を

ほんのり甘めのダシをたっぷり吸ったジューシーな麩と、楽しい歯ごたえのたらの芽や野菜で気づけば満腹に。お米やおかず要らずのボリューム鍋だから、箸休めに漬け物を添えれば十分。