今日の晩ごはん

秋鮭の辛味ソースがけ

調理時間
20分

多様な味が複雑に絡んだソースをたっぷりと

ふっくら蒸した鮭と季節の野菜に香味ソースをかけていただきます。このソースがあれば野菜が自然と食べられるので、野菜不足を感じた日のメニューにおすすめです。

材料 ( 2人分 )

  • 秋鮭の切り身 …2切れ
  • シメジ …1/4袋(約50g)
  • キャベツ …2枚
  • サツマイモ …5cm
  • 長ねぎ …5cm
  • 塩 …少々
  • 酒 …大さじ2
<香味ソース>
  • ショウガ …1片分(みじん切り)
  • 赤唐辛子 …1/3本(みじん切り)
  • 酢 …大さじ1と1/2
  • 醤油 …大さじ1
  • 豆板醤 …小さじ1/2
  • ごま油 …適量

作り方

1 下ごしらえをする
鮭は塩を振ってしばらくおき、水気を拭き取る。シメジは石づきをとってほぐし、キャベツはざく切りにする。サツマイモは5mm厚さの半月切り、長ねぎは斜め薄切りにする。
2 焼く
フライパンに油を熱し、鮭の皮目を下にして並べ、中火で皮に焼き色をつける。
3 蒸す
鍋にシメジ、キャベツ、サツマイモ、2の鮭を並べ、ねぎを乗せて酒を振り、蓋をして中弱火で7〜8分ほど蒸し煮にする。
4 仕上げる
香味ソースの材料を混ぜ合わせて小鍋で温め、蒸し上がった3にかけていただく。

Point

  • 鮭の皮目を焼く

    蒸す前にごま油を熱したフライパンで鮭を焼く。そのまま蒸すよりもぎゅっと旨味が閉じ込められて美味しくなる。ごま油の香りを移して、風味よく。

  • 辛味ソースでいただく

    豆板醤にショウガ、唐辛子を合わせた香味ソースを鮭にかけていただく。辛み、甘み、塩味、酸味が複雑に絡み合い、口に入れる度に新鮮な味わいが体験できる。鮭以外の魚や、肉とも好相性。

副菜 memo

味噌汁で足りない栄養をチャージ

忙しくてもうひと品作れないときは味噌汁を。主菜に使っていない食材や、足りない栄養素を含む食材を入れるだけで、自然とバランスのとれた献立になる。海藻の味噌汁で不足しがちな食物繊維をチャージ。