今日の晩ごはん

鶏肉とカボチャの酒粕クリームグラタン

調理時間
30分

酒粕パワーでむね肉がしっとり軟らか

酒粕と米粉で作るグラタンソースは軽やかでさっぱり。食材は一度炒めて、ニンニクの香りをうつすことでより味に深みがでます。隠し味に味噌を入れてご飯がすすむ味に。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏むね肉 …1枚(約300g)
  • カボチャ …150g
  • 酒粕 …30g
  • シメジ …1/2パック(50g)
  • 玉ねぎ …1/3個(60g)
  • バター …10g
  • ニンニク …1/2片
  • 牛乳 …200ml
  • 米粉 …大さじ3~4
  • ピザ用チーズ …30g
  • 味噌 …小さじ1
  • パセリ …少々
  • 塩 …少々

作り方

1 下ごしらえをする
鶏むね肉は皮を取り除いてひと口大に切り、塩少々でもむ。カボチャはひと口大に切って、シメジはほぐす。玉ねぎは薄切りにする。耐熱容器にバターを薄く(分量外)塗る。ニンニクは潰す。
2 酒粕を加熱する
耐熱ボウルに酒粕、水大さじ3(分量外)を加えてラップをし、電子レンジ600wで約1分加熱し、軟らかくなるまでよく混ぜる。
3 具材を炒める
フライパンにバターを熱してニンニクを入れ、香りが立ったら鶏肉、カボチャ、シメジ、玉ねぎを炒める。2と水1カップ(分量外)を加え、煮立ったら牛乳と味噌を加えて混ぜ合わせ、米粉を加えてとろみをつける。
4 焼く
耐熱皿に4を入れ、チーズと刻んだパセリをのせて200℃のオーブンで約10分焼く。

Point

  • 水を振りかける

    酒粕は溶けにくいので、少量の水を振りかけておくことが大切。さらに電子レンジで加熱し、軟らかくしておくと他の食材ともなじみやすくなり、扱いやすい。

  • 酒粕は料理にコクをつけるのに最適な食材。酒粕に含まれる酵素の働きで食材の旨味を引き出す。また暑さで疲れた胃を癒し、身体を温めてくれる嬉しい効果も。同じ発酵食である味噌ともよく合う。

副菜 memo

苦みのある食材を使った サラダを

カボチャと酒粕を使って甘みを利かせた優しい味わいに仕上げた主菜には、苦みのある食材を使った副菜を添えて味にメリハリをつける。春菊をオリーブ油でマリネしたサラダや、クレソンの和えものなどを合わせて。