今日の晩ごはん

海鮮丼 いろいろなタレで

調理時間
15分(ご飯を炊く時間を含まない)

韓国風の食べ方で食欲倍増

韓国の屋台で出会ったお刺身の食べ方をヒントにした海鮮丼。葉もの野菜や韓国海苔で包み、コクと旨味のあるタレにつければ食欲も倍増! 人が集まる日にもおすすめ。

材料 ( 2人分 )

  • お刺身(好みのもの) …適量
  • 麦入りご飯 …2膳分
  • 葉もの野菜(エゴマ、サンチュ、サニーレタスなど) …適量
  • キュウリ(千切り) …1/2本分
  • 韓国海苔 …適量
  • ごま …少々
(タレ①:チョコチジャン)
  • コチュジャン …大さじ2
  • 砂糖(はちみつでも) …大さじ1
  • 酢 …大さじ1
  • レモン汁 …小さじ1
  • ニンニク(みじん切り) …小さじ1(お好みで加える)
  • ごま油 …大さじ1/2
(タレ②:青唐辛子味噌)
  • 味噌 …‥大さじ1~2
  • ごま油 …‥大さじ1
  • 青唐辛子またはししとう(輪切り) …‥1本
(タレ③:塩ごま油)
  • 好みの塩 …‥適量
  • ごま油(濃いもの) …‥適量

作り方

1
タレの材料をそれぞれ混ぜておく。
2
器にご飯を盛り、キュウリを並べその上に刺身をのせ、ごまを振る。
3
ご飯とお刺身を好みの野菜や海苔などで巻き、タレをつけていただく。

Point

  • タレは自家製が美味しい

    韓国でお刺身を食べる時によく使うチョコチュジャン(酢コチュジャン)など3種のタレは混ぜるだけなので簡単。少し多めに作って瓶詰めし、他の料理に使っても◎。

  • お刺身とご飯を手巻き寿司のように巻いて食べるのがユニーク。香りのいいえごまや韓国海苔で包みタレにつけて食べれば、口の中でさまざまな味と香りが混ざり合い、ぐっと味わいが増す。野菜がたくさん食べられるのも嬉しい。

副菜 memo

手軽に作れる1品を添えて

ささっと準備できる、枝豆や冷奴、ゆでたトウモロコシなどを添えて夏らしい食卓に。牛肉や豚肉を焼き、海鮮丼の葉もの野菜とタレで食べるのもおすすめ。