今日の晩ごはん

野菜たっぷり、ガパオ風味の炊き込みご飯

調理時間
30分

華やかな見た目に歓声が上がる

鶏肉と一緒に炊き込み、色とりどりの野菜や目玉焼きをのせたガパオ風ご飯。お鍋一つで作れるので実は手軽! 途中で味を変えられる2種類のソースを添えて召し上がれ。

材料 ( 2人分 )

  • 米(さっと洗いしっかりと水切りする) …2合
  • 鶏むね肉 …250g
  • タケノコ水煮 …中1本
  • 赤・黄パプリカ …各1/4個
  • ピーマン …1個
  • アスパラガス …適宜
  • 香菜 …適宜
  • うずらの卵 …4個
  • ニンニク …1片
  • 鷹の爪 …1本
  • 鶏ガラスープ …2と1/4カップ
  • オイスターソース …大さじ1
  • ナンプラー …大さじ2
  • 塩、こしょう …各適宜
  • オリーブ油 …大さじ2
<レモンジンジャータレ>
  • ショウガ(すりおろし) …15g
  • レモン汁 …大さじ2
  • ナンプラー …大さじ1
  • 塩 …小さじ1
  • サラダ油 …大さじ2
<ピーナッツタレ>
  • ピーナッツバター …大さじ2
  • ポン酢 …大さじ3
  • ショウガ(すりおろし) …小さじ2
  • ごま油 …大さじ1
  • ラー油 …小さじ1

作り方

1 材料を切る
鶏肉は一口大に切る。野菜類は食べやすい大きさに切る。
2 炒める
鍋に油、たたいたニンニク、鷹の爪を加え香りが出てきたら、鶏肉、米、タケノコを加えて全体に油を絡め、米が透き通るような感じになるまで炒める。
3 煮る
<2>に鶏ガラスープと調味料を加えて沸騰したら弱火にし、蓋をして15分加熱する。パプリカ、ピーマン、アスパラガスを表面にのせ、火を止めて10分程度蒸らす。
4 目玉焼きを作る
蒸らしている間にうずらの卵の目玉焼きを作る。
5 タレを作る
それぞれのタレの材料を混ぜ合わせる。 
6 盛り付ける
炊き上がったご飯に香菜と目玉焼きをトッピングし、タレを添える。 

Point

  • 一つの鍋で作れる

    鍋の他、蓋付きのフライパンや炊飯器でも作ることができる。パエリヤ風に鍋ごと食卓にサーブしても楽しい。

  • ガパオ風ご飯には、2種類のソースを添えて、途中で味を変えて楽しめるようひと工夫。右のレモンジンジャータレならさっぱり、左のピーナッツタレならコクのある味わいに変化して、最後まで飽きずに食べられる。

副菜 memo

食感のいいサラダと一緒に

炊き込みご飯は食感が軟らかめなので、副菜にはパリパリと歯ごたえのいいサラダを添えて。チコリやトレビスなど、少し苦味のある野菜を使うといいアクセントになる。ピクルスなどもいい箸休めになる。