今日の晩ごはん

セロリと牛挽肉のオイスターソース炒め

調理時間
10分

切って焼くだけ! 下味いらずのクイックメニュー

セロリの葉をくったりとするまで炒めて、ほんのりと甘い風味を引き出して。牛挽肉のこってりとした旨味がのった、野菜が美味。エリンギの弾力のある食感も楽しい、ボリューム満点の炒めもの。

材料 ( 4人分 )

  • 牛挽肉 …100g
  • セロリ …2~3本
  • エリンギ …2~3本
  • 黄パプリカ …1/2個
  • ごま油 …大さじ1
<A>
  • オイスターソース …大さじ2
  • 塩、こしょう …各少々

作り方

1 野菜を切る
セロリは茎と葉に分け、茎は5mm幅の斜め切りに、葉は1cm幅に切る。エリンギは5mm幅の斜め切りに、パプリカは半分に切り、約1cm幅の縦切りにする。
2 炒める
フライパンに油を中火で熱し、挽肉を入れて炒める。肉にしっかりと火が通ったら、エリンギ、セロリの茎、パプリカ、セロリの葉の順番に加えて炒める。
3 仕上げる
エリンギに火が通ったら、<A>を入れて仕上げる。

Point

  • 肉を炒めてから他の材料を順に加える

    牛肉を炒めてから、エリンギ、セロリの茎、パプリカ、セロリの葉を順に加える。肉はしっかりと火を通しておくと、臭みがなくなり旨味だけが野菜に移る。

  • クセが強いセロリの葉は、ごま油でさっと炒めて甘味を引き出すことで、美味しく食べられる。茎も筋取り不要なので、セロリがうんと身近に。オイスターソースを使った中華風味つけとも好相性。

副菜 memo

中華風の味つけで統一を

牛肉をオイスターソースで炒めたパンチのある中華風の炒め物には、鶏ガラスープをベースにした中華風のかき玉汁を。ショウガを入れると、主菜に使ったセロリの風味がいっそう引き立つ。