今日の晩ごはん

カボチャとナス、挽肉の重ね焼き

調理時間
45分

濃厚卵液で美味しさを閉じ込めて

地中海料理の「ムサカ」からヒントを得た重ね焼き。ナスはやや厚めに切ってふっくらとした食感に仕上げて。カボチャの優しい甘みが嬉しい初秋に食べたいオーブン料理。

材料 ( 2〜3人分 )

  • カボチャ …1/6個  …(ワタを外して200g)
  • 米ナス …1個
  • 牛挽肉(あれば粗挽き) …180g
  • 玉ねぎ …1/4個
  • トマト …1個
<A>
  • パプリカパウダー、クミンパウダー …大さじ2/3
  • 塩 …小さじ1/2
  • こしょう …1つまみ
  • ニンニク …1/2片(みじん切り)
<B>
  • トマトペースト …大さじ1/2
  • タイム、ローズマリー …各1枝
  • 白ワイン …大さじ1
  • 生クリーム …100ml
  • 卵 …1個
  • オリーブ油 …大さじ1
  • 塩、こしょう …各適量

作り方

1 下ごしらえをする
玉ねぎはみじん切りにし、トマトはヘタを取ってざく切りにする。
2 炒める
フライパンに油を中火で熱し、挽肉、<A>を入れて混ぜながら炒める。肉に火が通ったら、玉ねぎ、ニンニクを加え、玉ねぎがしんなりするまで炒める。トマト、<B>を加えてトマトが煮崩れてきたら、白ワインを加えて汁気がなくなるまで、しっかり炒める。
3 カボチャを加熱する
カボチャは、種を除いて蒸し器で軟らかくなるまで蒸す(または、ラップで包んで600Wの電子レンジで2分加熱し、上下を返してさらに1分加熱する)。皮を外し、フォークなどでさっとつぶして、パプリカパウダー、クミンパウダー各大さじ1/3(ともに分量外)、塩、こしょう適量を加え混ぜる。
4 ナスを焼く
ナスは1㎝幅の輪切りにして、塩少々(分量外)を全体にまぶす。20分ほどおき、よく水で洗って水気をふき取る。フライパンにオリーブ油大さじ1と1/2(分量外)を中火で熱し、ナスの両面を焼き色がつくまで焼く。
5 焼く
ボウルに生クリームと卵、塩少々(分量外)を入れて泡立て器でよく混ぜる。3のカボチャに約1/4量を混ぜ、バター適量(分量外)を薄く塗った耐熱の器の底に広げる。2と4を交互に重ね、残りの卵液を上からかける。180℃に熱したオーブンで20分焼く。

Point

  • しっかりと炒めてから白ワインを加える

    肉に火が通り、トマトがつぶれてから白ワインを加える。さらに水分がなくなるまでしっかりと炒めて。その都度しっかり炒めることで味がよく馴染む。

  • カボチャや、粗挽きの挽肉など個性豊かな食材と合わせても負けないよう、存在感のある肉厚な米ナスを使うのがおすすめ。普通のナスを使う場合は、やや厚めに切ってボリュームを出す。

副菜 memo

焼いている間にさっと作れるものを

少し手間がかかる本格的な主菜には、オーブンで焼いている間にできるようなシンプルなおかずを添えて。薄切りにした白身魚やサーモンなどに塩、オリーブ油をかけた簡単カルパッチョがおすすめ。