今日の晩ごはん

ほうれん草と下仁田ねぎのパスタ

調理時間
20分

野菜の美味しさと食感を楽しめるパスタ

旬のほうれん草と下仁田ねぎをたっぷり使って仕上げる一皿は、素材の美味しさを存分に味わえる。とろりとしたねぎの食感とオイルがマッチした絶品レシピです!

材料 ( 2人分 )

  • ほうれん草 …2株
  • 下仁田ねぎ …1本
  • 白ワイン …大さじ2
  • ベーコン …2枚
  • ニンニク(みじん切り) …小さじ2
  • 鷹の爪 …2本(小口切り)
  • オリーブ油 …大さじ4
  • パスタ(スパゲッティーニ) …160g
  • 塩 …適量

作り方

1 下ごしらえ
ほうれん草はゆでて水にとり、水気を絞り5cmほどの長さに切る。下仁田ねぎはななめ薄切り、ベーコンは細く切る。塩分1%のお湯でパスタをゆで始める。
2 ソースを作る
フライパンに油とニンニク、鷹の爪を入れて弱火にかける。香りが出てニンニクが色づいてきたらベーコンを入れて炒める。下仁田ねぎを入れてさっと炒め、白ワイン、続いてパスタのゆで汁をレードル2杯ほど入れて乳化するように混ぜる。
3 仕上げる
<2>にゆであがったパスタ、ほうれん草を入れ、フライパンあおって混ぜ合わせる。必要なら塩で味を調え、仕上げの油少々(分量外)をかける。

Point

  • ニンニクと鷹の爪でしっかりと味を出す

    シンプルなパスタなので、ニンニクと鷹の爪でしっかりと味を出すのが美味しく仕上がるコツ。

  • 下仁田ねぎは繊維にそって、ひき切りにする。下仁田ねぎは調理が難しいと感じてしまう人もいると思うが、繊維を断ち切らずにひき切りにすることで素材の美味しさを十分に引き立たせることができる。

副菜 memo

トマトサラダがベスト

シンプルだけどしっかり味のパスタには、さっぱりとしたトマトサラダがおすすめ。トマトは3~4月に旬を迎えるためそのままの旨味を楽しめるのも◎。くし切りにしたトマトに、オリーブ油を回しかけ、塩を軽く振って仕上げる。