今日の晩ごはん

豆アジのすだち南蛮漬け

調理時間
15分(漬込み時間は含まず)

すだちの優しい酸味が決め手

酢を使わずにすだちの酸味で作るアジの南蛮漬けは、マイルドで食べやすく、唐辛子も入っていないので子どもも安心。野菜もたっぷり一緒に漬けて具だくさんに。

材料 ( 2人分 )

  • 豆アジ …12尾
  • 玉ねぎ …1/2個
  • パプリカ(赤・黄) …各1/4
<漬けダレ>
  • ダシ汁 …1/2カップ
  • すだちの絞り汁 …大さじ2
  • すだちの輪切り …1個分
  • 薄口醤油 …大さじ2
  • 砂糖 …大さじ2

作り方

1 下ごしらえをする
豆アジは塩少々をふって片栗粉をまぶす。漬けダレの材料を混ぜ合わせる。玉ねぎはスライスして水にさらしてから水気を切る。パプリカは細切りにする。
2 揚げる
1のアジをからりと揚げてバット等で油を切る。
3 漬ける
2を熱いうちに1の漬けダレに漬け、1の玉ねぎ、パプリカを上に乗せて一晩漬ける。

Point

  • アジに片栗粉をまぶす

    薄力粉ではなく片栗粉をまぶしてアジを揚げることで、南蛮漬けにした際にとろみが出て、よりご飯に合う味わいに。

  • 野菜をどっさりのせる

    アジが見えなくなるくらいに上から野菜をのせて漬ける。野菜のマリネも同時に味わえて一石二鳥。他にはニンジンや長ねぎもおすすめ。

  • 酢の代わりにすだちの絞り汁を使って南蛮漬けのタレにするのがみなくちさん流。柑橘の酸味はツンとしないのでマイルドに仕上がり、後味に爽快感が残っておすすめ。

副菜 memo

ご飯と味噌汁と一緒に和食な晩ごはんに

まろやかで優しい味わいのアジの南蛮漬けは、片栗粉のとろみも加わってご飯が進むこと間違いなし。相性の良い雑穀米と、お好みの具で味噌汁を作って和な食卓を満喫してみては?