今日の晩ごはん

油淋鶏

調理時間
30分

薬味をたっぷりかけて後味さわやか

みょうがや、大葉。初夏を感じさせる薬味があとをひく、ひと品。酸味が利いたたれのおかげで油っぽさを感じさせない。下味をしっかりつけた肉は冷めても美味。

材料 ( 4人分 )

  • 鶏もも肉(唐揚げ用) …400g
<A>
  • 酒 …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1
  • 小麦粉 …大さじ1
  • 片栗粉 …大さじ2
  • 溶き卵 …1/2個分
  • 新玉ねぎ …1/2個
  • ミョウガ …1個
  • 長ねぎ(白い部分) …10㎝
  • 大葉 …10枚
<B>
  • 米酢 …大さじ3
  • 醤油 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 肉に下味をつける
鶏肉に<A>をつけて10~15分置く。
2 肉を揚げる
片栗粉と溶き卵を加えてよく混ぜる。1の肉にまんべんなくつけて170度の油で衣がきつね色になるまで揚げる。
3 タレを作る
野菜は全てみじん切りにする。ボウルに野菜と<B>を混ぜる。
4 仕上げる
2を皿に盛り、3をかけていただく。

Point

  • 鶏肉に下味をつける

    よく混ぜ合わせた<A>に鶏肉を10~15分漬ける。肉には味をしっかりめにつけ、タレは塩分を控えめにすると、タレの酸味がより引き立って美味しくなる。

  • 長ねぎの他に、新玉ねぎ、ミョウガ、大葉をたっぷり添えてより爽やかに。定番料理もトッピングを変えるだけで旬の雰囲気を出せる。新玉ねぎのシャキシャキ食感が、甘酸っぱいタレと好相性。

副菜 memo

作り置ける野菜おかずを

揚げ物を作りながら、副菜の準備をするのは大変。キャベツとセロリのコールスローサラダなど、作りおきおかずがあると便利。もうひと品欲しいときは食物繊維をチャージできるわかめのスープがおすすめ。