今日の晩ごはん

サムゲタン

調理時間
150分(米の浸水時間を除く)

身体の内側から元気になる韓国料理

鶏を丸ごと、もち米やショウガなどを一緒に煮込んだ韓国のスープ。ほろほろ食感の鶏肉と、旨味たっぷりのスープを一緒にいただけば、自然と身体がぽかぽか温まる。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • 鶏(下処理済みのもの) …1羽
  • もち米 …大さじ6
<A>
  • ごま油 …小さじ1
  • 塩 …小さじ1/2
  • 乾燥ナツメ …4粒
  • ニンニク …2片
  • ショウガ …1かけ
  • 長ねぎ …1本
  • 粒黒こしょう …5粒
  • クコの実 …大さじ1強
  • 塩 …適量
  • 三つ葉 …適量

作り方

1 もち米を研ぐ
もち米は研いでたっぷりの水に1時間浸した後、ざるにあげて<A>を和える。
2 鶏の下ごしらえをする
鶏の内側に1とナツメを詰めて、竹串で皮を縫い止めて上下の穴をふさぐ。足もクロスさせて凧糸で縛る。
3 野菜を切る
ニンニクは皮をむいて、ショウガはブツ切りに、長ねぎは青い部分も含めて4等分に切る。
4 煮る
鍋に鶏とかぶるくらいの水(鍋のサイズによって鶏が水からすこし出ていてもOK)、3、粒黒こしょうを入れて火にかける。煮立ったらアクを取り除き、塩小さじ1(分量外)を加え、蓋を少しずらしてかぶせ、弱火で2時間ことことと煮込む。クコの実を加え、10分程煮る。
5 仕上げる
ショウガ、鶏の竹串と凧糸を取り除く。鶏肉と中の詰め物をほぐして雑炊スープのようにする。皿に取り分けて、仕上げに三つ葉を添える。

Point

  • 竹串を縫いつける

    皮を縫うように竹串を刺し、中身が出ないよう、凧糸で足の部分と竹串を結びつける。

  • スーパーで手に入るクコの実や乾燥ナツメを入れて、手軽に本格的なサムゲタンを楽しむ。それぞれ血行改善などに効果があるとされており、食べるだけで身体の芯から温まる。

副菜 memo

韓国料理を合わせて献立に統一感を出す

同じ韓国料理のカクテキ(大根のキムチ)を合わせれば、優しい味の主菜と、ピリ辛の副菜で味のバランスがとれる。レタスに白菜キムチをドレッシングがわりにたっぷりとかけたサラダも◎