今日の晩ごはん

ホタテとトマトとモッツァレラの和風カッペリーニ

調理時間
20分

具沢山な豆乳ソースが美味!

極細パスタのカッペリーニを使った、華やかな冷製パスタ。ソースは豆乳と白ダシを使って和風に。そこにたっぷりの野菜とチーズを入れて、食べごたえもあるひと皿に。

材料 ( 4人分 )

  • カッペリーニ …150g
  • モッツァレラチーズ …1/2個
  • ホタテ(刺身用) …大き目3個
  • ミニトマト …8個
  • 空豆 …10粒
  • 大葉 …8枚
<A>
  • 無調整豆乳 …200㏄
  • 白ダシ …大さじ2
  • EXバージンオリーブオイル …大さじ2
  • 粗挽き黒胡椒 …お好み

作り方

1 下ごしらえをする
モッツァレラチーズとホタテは7~8㎜角に、ミニトマトは8等分に切り、大葉は粗みじん切りにする。そら豆は茹でて皮をむき、2等分に割いておく。
2 混ぜる
ボウルにAを入れ、1の材料を全て混ぜ合わせる。
3 パスタを茹でる
カッペリーニは袋の表示時間より30秒長めに茹でた後、冷水でしめる。
4 仕上げる
2のソースと3のパスタを絡めて器に盛り、粗挽き黒胡椒を挽く。

Point

  • 長めに茹でて冷水でしめる

    冷製パスタに最適な極細パスタのカッペリーニは、表示時間より30秒ほど長めに茹でてから、しっかりと冷水でしめよう。

  • ソースは水分を多めに

    冷製パスタがパサつかないように、オイルを加えた水分多めのソースを作る。冷水でしめたらすぐにソースに絡めて。

  • 洋風なパスタに和食器を合わせるのが遠藤さん流。汁気のあるソースのカッペリーニには、少し深さのある沖縄のやちむんを器にチョイス。スタイリストならではのセンス、ぜひ参考にしてみては。

副菜 memo

コクのあるバゲットと相性良し

ほんのり和風のカッペリーニとぜひ一緒に食べてもらいたいのがウニ。塩気のあるコクが相性抜群。薄くカットしたバゲットにバターとウニペーストを塗ってチーズをのせて焼くと絶品! おもてなしの席にも◎。