今日の晩ごはん

大豆と大根と鶏手羽の照り煮

調理時間
35分

多めに作って常備菜にも◎

野菜+豆+肉が一度に摂れ、栄養バランスは抜群。週末のうちに仕込んでおくと、味が染みて美味しくなるうえ、料理が少しだけおっくうな月曜日のお助けメニューに。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏手羽先 …4本
  • 大根 …200g
  • ゆで大豆 …100g
  • 昆布 …5cm角
  • 水 …250ml
  • 酒 …大さじ1
  • 醤油 …大さじ2/3
  • 砂糖 …大さじ1/2
  • みりん …大さじ1/2
  • ごま油 …適量

作り方

1 食材の下準備
大根は皮を剥き縦半分にし、1.5cm厚さに切る。手羽先はフォークなどで数カ所穴をあける。
2 大根と手羽先を焼く
フライパンにごま油を熱し、大根と手羽先を焼く。うっすら焼き目がついたら酒大さじ1(分量外)を加え、強めに焼き目をつけ、取り出しておく。
3 鍋で煮る
鍋に水と酒を入れ、1と昆布を加え火にかける。沸騰したらあくを取り、大豆を加え、弱火で15分ほど煮る。
4 煮汁を飛ばして照りを出す
3に醤油、砂糖、みりんを加え、煮汁が少なくなるまで煮て照りを出し火を止める。しばらく置き、味をなじませてからいただく。

Point

  • 焦げ目を付けて照りを出す

    大根と鶏肉はしっかり焦げ目が付くまで焼くと照りが出やすく、盛り付けた時もきれいな仕上がりに。

  • 大根と鶏肉を強火で焼き、焦げ目が付いたところでお酒を加えるのがスズキさん流。こうすることでより焦げ目が付きやすくなり、旨味もアップする。

副菜 memo

野菜や汁物でさっぱりと

こっくりとした味の煮物には、クレソンのおひたしや、くずし豆腐とショウガとオクラのすまし汁など、さっぱりとした副菜が好相性。カボチャのごま和えなどで緑黄色野菜を加えても◎