今日の晩ごはん

深川飯

調理時間
15分

疲れている時もさらりと食せる

肝臓に働きかけるアサリを使ったお手軽な一品。「アサリは最近高くて…」という場合は、油揚げを分量より少し多めにしてもOK。夜食や朝食にもおすすめ。

材料 ( 4人分 )

  • アサリのむき身(缶詰でも可) …300g
  • 油揚げ …1枚
  • 長ねぎ …1本
  • かつおだし …3カップ
  • 醤油 …大さじ2
  • みりん …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • 味噌 …大さじ3
  • 刻み海苔 …お好みの量
  • ごはん …4膳

作り方

1 油揚げとアサリの下処理
熱湯を油揚げに注いで油を抜く。アサリは流水で洗ったら水気をよく切る。
2 下ごしらえ
長ねぎは厚めの小口切りに、油揚げは短冊切りにする。
3 具を作る
かつおだしを鍋に入れ、火にかける。みりんと酒、醤油を加えて沸騰したら、弱火にして味噌を加えて溶かす。長ネギと油揚げを加え、煮立たない程度にクツクツ泡が立ったらアサリのむき身を加える。
4 盛り付ける
3~4分弱火で煮て、アサリの身が縮まない程度に完全に火が通れば完成。器に盛りつけたごはんの上にかけ、刻み海苔を散らす。

Point

  • アサリは一番後に鍋に入れる

    加熱しすぎると身が縮み、旨味も逃げてしまうので、真水で洗ったアサリのむき身は、最後に鍋へ。

  • 油揚げは油抜きをしてから

    さっと熱湯を注いで、油揚げの油をしっかり抜く。この下処理がさらりとした仕上がりの決め手に。

  • 炊き込みご飯にせず、ぶっかけご飯にするのが野上さん宅の定番。器によそったご飯の上から、お玉で静かにやさしく回しかけるのが、きれいに盛り付けるコツ。

副菜 memo

あっさりとした深川飯には、食べ応えのある副菜を。

「浸し豆」なら食感もしっかりしていて、事前に作り置きしておけば、器に盛るだけ。とっても簡単でお腹も十分満たされる。