今日の晩ごはん

うなぎとアボカドの炊き込みちらし寿司

調理時間
40分

栄養豊富なうなぎでスタミナをつけよう

「う」のつく食べ物=うなぎを食べる習わしのある土用丑の日にこそ食べたい、ちらし寿司。野菜は一緒に炊き込むので、下準備必要なし。アボカドで洋風な雰囲気をプラス。

材料 ( 2〜3人分 )

  • 米 …2合
  • うなぎのタレ(市販のもの) …大さじ1
<A>
  • 昆布 …3cm角
  • レンコン …50g
  • ニンジン …30g
  • 寿司酢 …大さじ4
  • アボカド …1/2個
  • うなぎ …1~2尾
<B>
  • 薄口醤油、わさび、酢 …各少々
<C>
  • 錦糸卵 …2個分
  • ミョウガの甘酢漬け …2本
  • 大葉 …5枚

作り方

1 ごはんを炊く
Aのレンコンは薄切りにして酢水(分量外)にさらす、ニンジンは短冊切りにする。
2 ご飯を炊く
炊飯器に洗い米、うなぎのタレ、通常より少なめの水を入れ、Aをのせて炊く。
3 冷ます
炊けたら寿司酢を加えて切るように混ぜながら団扇であおいで冷ます。レンコンはトッピングに使用するため取っておく。
4 アボガドに味付けする
アボカドは1cm角に切り、Bを混ぜたものをからめる
5 仕上げる
3を器に盛り、一口大に切ったうなぎとCを散らす。

Point

  • アボカドに下味をつける

    1㎝角に切ったアボカドは、切ったらすぐにボウルで調味料と和えて、味を馴染ませる。

  • 自家製ミョウガ漬けを使う。1分ゆで、塩を軽く振ったミョウガ6本を、酢大さじ4、砂糖大さじ2、塩小さじ1/4、水75mlに漬けて、甘酢漬けにする。料理の色味が足りないときに使えるので重宝する。

副菜 memo

お吸い物があれば大満足

様々な食材をふんだんに使ってボリューミーなちらし寿司には、シンプルな具材のお吸い物がよく合う。あおさと豆腐のお吸い物や、きのこと三つ葉のお吸い物など好みに合わせたチョイスを。