今日の晩ごはん

昆布締めサラダ

調理時間
15分(漬ける時間除く)

富山の郷土料理をワインに合うひと品に

「ポルトガルのヴィーニョヴェルデという微発泡ワインで刺身を美味しく食べるために考えた」という、白ワインが進む味。昆布と柚子こしょうの風味をまとわらせた鯛の上に葉野菜をたっぷり盛りつけます。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • 鯛(刺身用) …約300g
  • 昆布(15×15cm) …2枚
  • 柚子こしょう …適量
  • ベビーリーフ …50g
  • 大葉 …3枚
  • 塩 …適量
  • オリーブ油 …小さじ2
  • レモン汁 …1/2個分
A
  • オリーブ油 …適量
  • 白ワインビネガー …適量
  • 塩、こしょう …適量

作り方

1 昆布締めにする
昆布を広げて固く絞った布巾でさっと表面を拭いて湿らせる。その上に鯛の切り身を並べ、昆布ではさんで全体をラップで包む。冷蔵庫で半日〜ひと晩置く。
2 仕上げる
皿に鯛を並べて軽く塩をふり、鯛の表面に柚子こしょうを塗ってオリーブ油、レモン汁を順に回しかける。ボウルにベビーリーフ、食べやすくちぎった大葉を入れて、Aを加えてさっと和え、皿に盛る。

Point

  • 「鯛の身が透明になるまで」が目安

    鯛に昆布の旨味が移って、見た目が透明になりねばりが出てくるまで冷蔵庫に置いておく。冷蔵で約3日保存可能なので、刺身があまったときの活用法としても便利。

副菜 memo

シンプルなパスタを合わせる

刺身と葉野菜がメインの軽やかな主菜には、さっと作れるパスタを合わせてボリュームをプラス。あさりのボンゴレなら、さらに白ワインが進みそう!

おいしいからカラダもよろこぶ、旬のアスパラレシピ