今日の晩ごはん

ポルトガルチキンカレー

調理時間
20分

シンプルな食材を使ってあっという間に完成

炒めた香味野菜に、ワインを合わせることで短時間でもコクが生まれます。肉を漬け込んでおく必要もないので、食べたいと思ったらすぐに作れる時短カレーです。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏モモ骨付き肉 …300g
  • トマト …1〜2個(約300g)※できれば完熟のもの
  • 玉ねぎ(みじん切り) …1/2個
  • ニンニク(みじん切り)、ショウガ(みじん切り) …各大さじ1
  • カレー粉 …大さじ2
  • ワイン …100ml
  • ローリエ …1枚
  • 唐辛子 …1本※種を取り除く
  • 油 …大さじ2
  • 粗挽き黒こしょう …小さじ1
  • ごはん …適量

作り方

1 下ごしらえをする
鶏肉に、塩こしょう(分量外)を振ってしばらく置く。トマトはざく切りにする。※トマトの皮が気になる人は湯むきする。
2 炒める
鍋に油を弱火で熱し、玉ねぎ、ニンニク、ショウガを炒める。玉ねぎが透き通ってきたら1の鶏肉を加える。鶏肉の表面に焼き色が付いたらトマトを加えて木べらなどで混ぜながら中火で炒める。トマトから水分が出てきたら、カレー粉、塩小さじ1と1/2(分量外)、粗挽き黒こしょうを加える。
3 煮る
カレー粉とトマトがペースト状になったら、ワイン、ローリエ、唐辛子を加える(辛いものが苦手な人は入れなくても可)。弱火にし、約15分煮る。
4 仕上げる
皿にごはん、3を盛る。

Point

  • ワインと一緒に煮る

    カレー粉、トマトがペースト状になったらワインを加える。ワインと一緒に煮ると、じっくり煮込んだかのようなコクが生まれる。ワインの種類はそのときの気分で変えてOK。

副菜 memo

爽やかなフルーツを

カレーには季節のフルーツをハーブと混ぜたフレッシュなマリネを合わせるのが馬田さん流。春の時期なら柑橘類がおすすめ。ニンジンラペにオレンジをプラスしても。

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ