今日の晩ごはん

じゃこと香味野菜の冷や汁

調理時間
12分

さらさらいただける夏バテ解消ご飯

暑くて食欲がわかない時にもさらさらといただける、たっぷりの野菜が入った冷や汁。アジの干物の代わりにじゃこを使うお手軽さも魅力。夏バテにもってこいの一品です。

材料 ( 2人分 )

  • ちりめんじゃこ …30g
  • ナス …2本
  • キュウリ …1/2本
  • ミョウガ …3本
  • 大葉 …4枚
  • 白いりごま …大さじ1
  • 白練りごま …大さじ2
  • ダシ汁 …500ml
  • 味噌 …大さじ3
  • ご飯 …茶碗2杯分

作り方

1 下ごしらえをする
ナスは5mm厚の半月切りにし水に5分さらしてから、水気をぎゅっと搾る。ミョウガは小口切りにする。大葉は千切りにする。キュウリは2mm厚の輪切りにし塩少々(分量外)で揉み、出てきた水分をぎゅっと搾る。
2 焼く
弱火で熱したフライパンにちりめんじゃこと味噌を合わせて入れ、表面に軽く焦げ目がつくまで焼く。
3 仕上げる
すり鉢に白いりごま、白練りごま、2をいれて軽く混ぜ、ダシ汁を少しずつ加えてのばす。1を加えてさっと混ぜ冷蔵庫で冷やす。
4 盛りつける
3を器に盛り、炊いたご飯を添える。ご飯にかけていただく。

Point

  • 味噌とじゃこを合わせて焼く

    フライパンで味噌とじゃこを軽く焦げ目がつくように焼き付ける。じゃこの臭みも消え、香ばしい風味が増す。

  • 旨味が強いあごダシを使うのがワタナベさん流。あごの煮干し5~6本を水1Lに漬けて一晩置いたものを使っている。味噌汁などにも普段から大活躍しているとか。

副菜 memo

身体を温める根菜サラダやホットジンジャーティー

暑さで身体が疲れている時にいただきたい冷や汁。副菜には身体を温めるものを一緒に摂るのがベター。レンコンやジャガイモ、ニンジンなどの根菜は身体を温める効果があるので、サラダにおすすめ。手軽に済ませたい時はホットジンジャーティーなどを添えても。