今日の晩ごはん

秋の鴨南蛮

調理時間
25分

自宅で手軽に作れる鴨南蛮

肌寒くなってくると食べたくなる、鴨南蛮。きのこを加えて秋の味に仕立てます。鴨肉ときのこの旨味が合わさり、滋味深い味に。ダシ汁いらずなので、手軽に作れます。

材料 ( 2人分 )

  • そば …2人分
  • 鴨むね肉薄切り …100g
  • 長ねぎ …1本
  • まいたけ …1パック(100g)
A
  • 醤油、みりん …各大さじ3
  • 酒 …大さじ2
  • 水 …400ml
  • サラダ油 …少々
  • 三つ葉 …適宜

作り方

1 下ごしらえをする
長ねぎは青い部分も含めて2〜3cm長さのぶつ切りにし、まいたけは食べやすい大きさに手でさく。
2 焼く
鍋にサラダ油を中火で熱し、鴨肉の表面をさっと焼いて皮目から脂が出てきたら取り出す。長ねぎの白い部分とまいたけを加えて焼き色が付くまでこんがりと焼く。
3 煮る
2に長ねぎの青い部分、Aを加えてひと煮立ちしたら5分煮る。鴨肉を戻し入れてアクを除きながらさらに5分煮る。
4 そばをゆでる
3を煮ている間に別の鍋でそばを袋の表示よりやや短めにゆでる。流水で締めて3の鍋に加え、全体が温まったら器に盛る。好みで三つ葉を飾る。

Point

  • 鴨の脂で焼く

    鴨から出る脂を長ねぎ、まいたけにまとわせるようにしながら香ばしく焼く。鴨の脂は甘みがあり旨味が強く、このひと手間で風味が良くなる。

副菜 memo

シンプルなおひたしを

鴨肉の濃厚な旨味を引き立ててくれる、小松菜やホウレンソウのおひたしを。色味がプラスされて鮮やかに。そばにのせて食べても美味しい。

壱岐ゆかりさんのフラワーアート講座「フラワータペスリーをつくる」応募受付中! kurashiのマナビ舎vol.03 がま口ポーチ講座 アンケートに答えると特別価格で参加のチャンス!尾田衣子さんの料理教室~GLOBALとGLOBAL-ISTを切り比べられます!~ カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ