今日の晩ごはん

ごまけんちんうどん

調理時間
20分

ねりごまとすりごまから生まれるコクを堪能して

ごま油で香りよく炒めた具材と、ねりごまでクリーミーな風味をプラスした汁がベストマッチ。肉、魚は不使用なのでベジタリアンの方でも楽しめる。

材料 ( 2人分 )

  • 木綿豆腐 …1/2丁
  • 里芋 …2個
  • ゴボウ …1/2本
  • 大根 …5cm
  • ニンジン …3cm
  • 長ねぎ …1/2本
  • ごま油 …小さじ2
  • 水 …4カップ
  • 味噌 …大さじ1〜大さじ1と1/2
  • 練りごま …大さじ1
  • すりごま …大さじ2〜3
  • 冷凍うどん(茹でうどんでも可) …2玉

作り方

1 下ごしらえをする
豆腐はキッチンペーパー2〜3枚で包み約10分おいて水気を切る。里芋は皮をむいて一口大に、ゴボウはささがきにしてそれぞれ水にさらしてから水気をよく切る。長ねぎは斜め切り、大根とニンジンは皮をむいて5mm厚さのいちょう切りにする。
2 炒める
鍋に油を熱し豆腐以外の1を炒める。少ししんなりしたら豆腐を手でちぎって加えてさらに炒める。
3 煮る
水を加えて沸騰したら弱火にしてアクをときどき取りながら具材がやわらなくなるまで煮る。
4 うどんを煮込む
4に凍ったままの冷凍うどんを入れて煮込み、味噌、ねりごまを溶かし入れる。仕上げにすりごまをかけていただく。

Point

  • 豆腐はちぎりながら加える

    豆腐は包丁で切らず、手でちぎりながら加えて炒める。断面が直線でない方が、味が染み込みやすくなる

  • 肉や魚を使っていない分、練りごまとすりごまをダブル使いしてコクをしっかりと出す。また、具材をごま油で炒めてから煮ることでさらに風味も良くなる。寒い日にぴったりな味。

副菜 memo

食後のフルーツを

一品でボリュームも栄養バランスもバッチリなので、副菜は特に用意しなくても食後にフルーツやデザートがあれば満足できる。物足りない場合は、残った汁に焼きもちを加え、雑煮風にして食べても美味しい。