今日の晩ごはん

サバの黒酢あんかけ

調理時間
40分(漬込み時間含む)

魚が苦手でも美味しく食べられる

体力アップに効果のあるサバを黒酢でさっぱりいただく一皿。ショウガと醤油で漬込んでから竜田揚げにすることで、臭みがなく仕上がる。青魚が苦手という人にもぜひ!

材料 ( 2人分 )

  • サバ …2切れ
<A>下味用調味料
  • ショウガ …1/2片
  • 醤油 …小さじ1
  • 酒 …小さじ1
  • 片栗粉 …適量
  • 油 …適宜
  • もやし …1袋
  • 赤ピーマン …1個
<B>あんかけ用調味液
  • 水 …300cc
  • 中華ダシ …小さじ2
  • 黒酢 …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1
  • ケチャップ …大さじ1
  • 水溶き片栗粉 …大さじ1

作り方

1 下味を付ける
サバは一口大の大きさに切り、Aを合わせてサバと漬け、10分ほど置く。
2 サバを揚げる
1のサバに片栗粉をまぶして180℃の油で揚げる。
3 あんかけを作る
鍋に油を熱し、温まったらもやし、千切りにしたピーマンを入れてさっと炒める。もやしとピーマンに火が入り過ぎないところでBの調味液を入れて、トロみがつくまで煮詰める。
4 盛り付ける
お皿に2のサバを盛り、上から3のあんをかける。

Point

  • ショウガと醤油に漬け込みサバに下味を付ける

    青魚特有の臭みを取るため、すりおろしたショウガと醤油を合わせ、10分ほどサバに漬込んで下味を付けておく。

  • 黒酢を使うのが薬膳に精通するごとうさんスタイル。「普通のお酢は身体を冷やす作用があるため、寒くなる季節は特に黒酢がおすすめです」

副菜 memo

キクラゲ入り卵スープで中華風の晩ごはんに

黒酢が利いた中華風おかずによくマッチするのが、卵スープ。食物繊維が豊富なキクラゲを入れて、食感も楽しんで。黒い食材は身体を温める作用があるので、ぜひ冬に摂っておきたい。