今日の晩ごはん

鶏肉のショウガ焼き

調理時間
15分

長ねぎたっぷりの食べるソースがポイント

しっかりと味をつけた、長ねぎのソースは食べ応えがあり、旨味があってご飯が進む。フライパン一つで作れるお手軽レシピ。

材料 ( 2人分 )

  • 鶏もも肉 …1枚(約300g)
  • 片栗粉 …大さじ1
  • 長ねぎ …1本
<A>
  • 醤油 …大さじ1と1/2
  • 酒 …大さじ2
  • はちみつ …大さじ1
  • ショウガ(すりおろし) …小さじ2
  • シシトウ …4本
  • 塩 …少々
  • 油 …適量

作り方

1 下ごしらえ
鶏肉は皮目にフォークをさして穴をあけ、片栗粉を振って薄くまぶす。長ねぎは斜め薄切りにする。<A>は混ぜ合わせる。
2 焼く
フライパンに油を入れて中火で熱し、<1>を皮目から入れて焼く。弱めの中火で10分ほどこんがりと焼いて裏返す。空いたスペースにシシトウを入れ、焼けたら取り出して塩を振っておく。
3 ソースを作る
余分な油をペーパーでふきとり、空いたスペースに<1>の長ねぎを入れて炒める。さらに2分ほど焼き、<A>を加えて軽く煮詰めながら絡める。
4 盛り付ける
鶏肉を取り出して食べやすく切り、皿に盛って、一緒に炒めた長ねぎとタレをのせる。

Point

  • フォークで穴をあける

    鶏肉の皮目には、2㎝間隔くらいでフォークを使って穴をあける。味がしっかりと染み込みやすくなる。

  • ソースにはたっぷりの長ねぎを加えて、食べるソースのようにしていただくのが森崎さんの定番の食べ方。肉と野菜をバランスよく摂れるのも嬉しい。

副菜 memo

副菜には白菜とりんごのサラダを

メインがしっかりとした味つけなので、副菜にはフルーツを使ったサラダを添えて。今の時期ならば白菜、りんご、塩、黒こしょう、オリーブ油、米酢で作るものも◎。またはカブとキュウリの塩昆布漬けも良く合う。