今日の晩ごはん

雑穀入りフラン

調理時間
30分

ほんのり甘い、洋風茶碗蒸し

余熱でじっくりと火を通して、とろっとした食感に仕上げます。アスパラやひよこ豆を入れてアレンジしても。冷やして食べても美味しい。

材料 ( 2〜3人分 | 100mlの容器7個分 )

  • 雑穀 …40g
  • 野菜ブイヨンスープ(市販のブイヨンを使用) …100ml
  • ベーコン(ブロック) …30g
  • 生クリーム …100ml
  • 牛乳 …250ml
  • 卵 …3個
  • 塩、こしょう …各少々

作り方

1 下ごしらえをする
鍋に湯を沸かし、野菜ブイヨンのスープを作る。ボウルに移し、生クリーム、牛乳を順に加えて混ぜ、塩、こしょうを加えてさらに混ぜる。ベーコンは5mmの角切りにする。
2 ザルで濾す
別のボウルに卵を割りほぐし、1に加えて混ぜ合わせる。ザルを通して濾す。
3 容器に注ぐ
耐熱容器にベーコンと雑穀を入れて、2を等分に注ぎ入れる。
4 加熱する
厚手の鍋に高さ半分くらいになるように水を注いで沸かし、3を並べ入れる。竹串などを挟んで蓋をし、中弱火で加熱する。7分たったら、竹串を取って蓋をし、火を止めてそのまま約15分余熱で火を通す。

Point

  • ザルで濾す

    卵液を加えたらよく混ぜ合わせ、ザルで濾す。溶ききれない白身などを取り除けるので、よりなめらかで均一にできる。

  • 鍋にキッチンペーパーを敷く

    耐熱容器の種類によってはフライパンの上に直接置くと割れてしまうこともあるので、キッチンペーパーを敷いた上に並べると良い。

副菜 memo

魚の洋風おかずを

カジキマグロのソテーや、サーモンのムニエルなど洋風おかずが好相性。切り身を使えば、蒸している間にさっと作れて段取りよく調理できる。

料理家・真藤舞衣子 × fog linen work × Kurashi ワンピース、ローブ、作業着にも使えるリネンのかっぽう着「ホームドレス」9/20(木)11時より数量限定で再販開始! 暑い日には“さっぱり”をプラス 爽やかさが決め手のレモンレシピ