今日の晩ごはん

サツマイモと大豆のコロッケ

調理時間
30分

サツマイモと玉ねぎ、2つの甘みがブレンド

さっぱりとしながらも、ボリュームとコクがあるコロッケ。大豆はつぶさず、食感と食べごたえを出して。タネにはすべて事前に火が通っているので揚げ時間は短めでOK。

材料 ( 2人分 | 12個 )

  • サツマイモ …150g
  • ジャガイモ …300g
  • 玉ねぎ …40g(約1/5個)
  • 大豆(水煮) …50g
  • オリーブ油 …大さじ1/4
  • 塩 …小さじ1/2
  • こしょう …少々
  • 小麦粉 …40g
  • 水 …80ml
  • パン粉 …60g
  • 揚げ油 …適量
  • 中濃ソース …適量
  • 春菊、菊花、紫玉ねぎ …適宜

作り方

1 イモをゆでる
サツマイモ、ジャガイモは竹串がすっと通るぐらいまでゆでて皮をむく。ボウルに入れてマッシャーなどで潰す。
2 玉ねぎを炒める
玉ねぎは粗みじん切りにして、油で飴色になるまで炒める。
3 タネを作る
1のボウルに2と大豆を入れ、ゴムベラで混ぜ合わせ塩、こしょうを加えてさらに混ぜて冷ます。
4 成形して揚げる
3を12等分に丸めて小麦粉を水で溶いた衣にくぐらせ、パン粉をつける。180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げる。
5 盛り付ける
器に盛りソースと好みで春菊、食用菊、薄切りにした玉ねぎを添える。

Point

  • 玉ねぎはしっかり炒める

    粗みじん切りにした玉ねぎを写真のように飴色になるまでしっかりと炒めて甘みを引き出そう。

  • 挽肉の代わりに栄養満点の大豆を使って、ボリューム感を出しつつも軽やかな食感のコロッケに仕上げる。水煮を使えば、下ごしらえもラク。大豆は潰さずに、さっくりと混ぜ合わせる。

副菜 memo

苦みのある食材を使った副菜を

イモと玉ねぎの甘みが主役のコロッケの美味しさを引き立たせるため、副菜は苦みのある春菊や食用菊を使ったサラダを合わせて。主菜とは逆の特長を持つ食材を合わせると、献立にバランスがとれる。