今日の晩ごはん

季節野菜の蒸し焼き

調理時間
40分

シンプルな味付けで野菜本来の味を感じる

素材の味を存分に味わえる野菜の蒸し焼きは、色も鮮やか。無水料理できるストウブなどの鍋を使用すれば味がより濃く感じられる。野菜は大きめの乱切りにすると食感がしっかりと残る。

材料 ( 2人分 )

<A>
  • ジャガイモ …1個
  • 玉ねぎ …1個
  • ニンジン …1個
  • レンコン …1節
  • カブ …2個
  • スナップえんどう …10本
  • 芽キャベツ …5個
  • プチトマト …8個
  • ベーコン …100g
  • オリーブ油 …大さじ2~3
  • 塩 …少々

作り方

1 食材を切る
Aの野菜は綺麗に洗い、少し大きめに切る。芽キャベツはヘタを少し切りとり半分に切る。スナップえんどうは両脇の筋をとっておく。ベーコンは拍子木切りする。
2 ベーコンを焼く
無水調理のできる鍋にベーコンを入れ、弱火で加熱する。※無水調理ができない鍋の場合は厚手の鍋を使用する。
3 野菜を蒸し焼きにする
ある程度ベーコンから脂が出たら、ベーコンを一旦取り出し、Aの野菜を入れてその上に油大さじ2をまわしかける。ベーコンを戻し入れて、塩をふり、蓋をして弱めの中火で30分程度蒸し焼きにする。(※無水調理ができない鍋の場合は、水を少々入れて調理する。)
4 仕上げる
野菜に火が入っているか確認し、スナップえんどう、芽キャベツ、ヘタをとったプチトマトを加えて更に5分程度蒸し焼きにする。好みで塩、こしょう、油大さじ1を加える。

Point

  • 色味を残したい野菜は最後に加える

    長時間加熱すると、色が抜けてしまうスナップえんどうなどの野菜は、最後に加えると、鮮やかな色を保てる。

  • 食材そのものの味を楽しむシンプルな料理は、お気に入りの塩やオリーブ油を使うだけで一層美味しくなる。オリーブ油は酸化してしまうので1~2ヶ月で使い切って。

副菜 memo

タンパク質は手軽にチーズで補給

タンパク質が不足しがちなメニューのときはチーズを添えるのがおすすめ。カマンベールチーズやミモレットチーズなどタイプが異なるチーズを組み合わせると飽きもこない。