今日の晩ごはん

きのこと鱈のケイジャンキッシュ

調理時間
60分

フランス生まれのキッシュをアメリカ南部の味でアレンジ

スパイシーなキッシュ。パイ生地には卵黄の代わりに、アパレイユを塗れば手軽に本格派な味に。時間がない時は、耐熱皿に入れてパイ生地なしで焼いて食べても◎。

材料 ( 15㎝キッシュ型1台分 )

  • 生鱈 …1切れ
  • 玉ねぎ …1/3個
  • ブラウンマッシュルーム …4個
  • ジャガイモ …中1/2個
  • オリーブ油 …大さじ2
  • ケイジャンスパイス(加塩タイプ) …小さじ11/2
  • ピザ用チーズ …大さじ1
<流し生地(アパレイユ)>
  • 卵 …1個
  • 生クリーム …100ml
  • 塩、こしょう …各少々
  • 冷凍パイシート(20㎝×20㎝) …1枚
  • ルッコラ …適宜

作り方

1 アパレイユを作る
ボウルに流し生地の材料をすべて入れ、混ぜ合わせる。ざるで2回こす。
2 パイ生地を焼く
冷凍パイシートをキッシュ型の大きさに合わせてめん棒で伸ばして、型に敷き込みアルミホイルを上からかける。その上にタルトストーンをのせ200度に予熱したオーブンで20分~25分焼く。タルトストーンを外し、1を薄く塗り、再度オーブンで5分程度焼き色がつくまで焼く。型ごと網にのせて粗熱をとる。
3 食材を切る
鱈は一口大に切って水気をふく。玉ねぎは繊維に沿って薄切りに、マッシュルームは石づきを取り除き5mm薄さに切る。ジャガイモは皮をむいて1㎝厚さに切る。
4 食材を炒める
フライパンに油を中火で熱し、玉ねぎ、ジャガイモを入れて炒める。全体に油がまわったら、マッシュルームと鱈を入れてさっと炒め、ケイジャンスパイスで味を調える。
5 仕上げる
4を2に入れて平らにならしたら、残りの1を流し入れ上にチーズを振りかける。180度のオーブンで25分程度、表面に焼き色がついて、竹串でさしてアパレイユが流れ出てこなくなるまで焼く。皿に盛り、好みでルッコラを添える。

Point

  • アパレイユをぬってサクサクに

    から焼きの途中で、アパレイユを薄く塗って焼き乾かすと、具材を入れてもサクサクの状態を保てる。通常は卵黄を塗ることが多いが、アパレイユで代用するのがおすすめ。

  • チリパウダー、ガーリック、唐辛子などが配合されたケイジャンスパイスを最後にたっぷりと加えてスパイシーに。魚はもちろん、肉料理にも合う優秀スパイス。輸入食品スーパー等で手に入る。

副菜 memo

ピクルスでさっぱりさせる

パイ生地に使っているバターと、アパレイユに使っている生クリームで主菜が重めなので、副菜はニンジンや大根などのピクルスでさっぱりと。