今日の晩ごはん

真鯛のカボス蒸し

調理時間
40分

鍋で作る、簡単&豪華な魚の蒸し料理

ほろりと骨から外れる軟らかい鯛の身が絶品! 真鯛のほかに、スズキなどの旬の白身魚で作っても。鮮魚コーナーでうろこ、内臓、えらを除いてもらえば簡単。

材料 ( 2人分 )

  • 真鯛 …1尾
  • 塩 …少々
<A>
  • 水 …2カップ
  • ショウガ(スライス) …3枚
  • ニンニク(半分に切る) …1片
  • 香菜の根 …1本分
  • 塩 …小さじ1
  • ナンプラー …小さじ2
  • アサリ(塩抜きしておく) …6個
  • カボス(4等分) …1個分
<B>
  • 長ねぎ(白い部分、千切り) …1/4本分
  • 赤ピーマン(千切り) …1/2個分
  • ミニトマト(へたを取って半分に切る) …3個
  • 香菜の葉(ざく切り) …2本分

作り方

1 真鯛を下処理する
真鯛はうろこ、内臓、えらを取り除き、表面に塩を振って10分おく。出てきた水分をペーパータオルでふき取る。
2 煮汁を作る
鍋に<A>を入れて沸騰させ、ナンプラーを加える。
3 真鯛、アサリ、カボスを加える
1の真鯛、アサリを入れ、カボスを軽く搾りながら加えて蓋をし、弱火で10分蒸し煮にする。
4 野菜を加える
<B>の野菜を加えて蓋をし、さらに2分煮る。仕上げに香菜の葉をのせる。

Point

  • 下処理は丁寧に

    塩を振った真鯛から出る水分には臭みがあるので、ペーパータオルでしっかりふき取る。仕上がりの風味が良くなる。

  • 果汁はたっぷり加えて

    カボスは軽く搾るようにして、さらに潰しながら加える。果汁がよく出ると、煮汁がより美味しくなる。

  • 蒸し器は後片づけが面倒なので、蒸し料理にも鍋を使用。そのまま食卓に出せるようなかわいい鍋を選べば、調理からサーブまでひと鍋でOK。熱々のまま食べられるのも嬉しい。

副菜 memo

旬の青菜を切ってさっと炒めるだけ!

メインが油を使わない料理なので、副菜は炒め物をピックアップ。豆苗やチンゲン菜など、旬の青菜をさっと炒めて塩などで調味するだけ。お酒も進む一品なので、週末のメニューにぴったり!