今日の晩ごはん

アスパラと鶏の炊き込みごはん

調理時間
30分(米の浸水時間は除く)

口で広がる黒こしょうの香りに夢中

バターを溶かしながら食べるごちそう炊き込みご飯。ダシの香りとあいまって食欲増進。あえて粗くつぶしたこしょうの香りが口いっぱいに広がります。味がしっかりしているので冷めても美味しい。

材料 ( 4人分 )

  • 米 …3合
  • アスパラ …5本
  • 鶏モモ肉 …120g
<A>
  • ダシ …525ml
  • 薄口醤油 …大さじ3
  • 酒 …大さじ2
  • 黒こしょう …少々
  • バター …適量

作り方

1 下ごしらえ
米は研いで約30分浸水させておく。アスパラは下から約5cm、固いところをむいて5㎜長さに切る。鶏肉は小さめの一口大に切る。黒こしょうはコップの底などで粗くつぶす。
2 米を炊く
<1>の米、<A>、<1>のこしょう以外の食材の順に鍋に入れて蓋をし、火にかける。沸騰したら弱火にして10分炊く。10分たったら火を止めて、約10分蒸らす。
3 仕上げる
黒こしょうを入れてよく混ぜる。器に盛り付け、バターをのせる。

Point

  • コップの底で黒こしょうをつぶす

    丈夫なコップの底に体重をかけて、黒こしょうをつぶす。底の面積が大きいものだと力が入りやすい。

  • つぶした黒こしょうをたっぷりと加える。挽いたものより、口に入れた時の香りが驚くほど良い。山田さんが20代で働いていたレストランのシェフに教えてもらった方法だそう。

副菜 memo

苦味のある野菜を添える

セリのおひたしなど、苦みのある野菜を使ったおかずがよく合う。一緒に合わせる汁物は、豆腐にゆずの皮を浮かせた味噌汁がおすすめ。