今日の晩ごはん

野菜のチャプチェ

調理時間
60分

いろいろな野菜の食感がたまらない

野菜は火の通り方が違うので、それぞれに合わせて火を入れると美味しさがアップする。食べ応えも旨味もたっぷりのどんこしいたけを使えば、さらに奥深い味に。

材料 ( 4人分 )

  • 春雨(できれば韓国春雨が良い) …100g
  • まいたけ …1/2パック(80gほど)
  • 干ししいたけ(今回は大分県産のどんこを使用) …6枚ほど
  • ニンジン …1本(100gほど)
  • 玉ねぎ …1/2個(100gほど)
  • ニラ …1束
  • 松の実 …大さじ2ほど(ローストしておく、180℃で10分ほど)
  • こしょう …適量
  • ごま油 …小さじ1
  • 米油 …適量
  • 塩 …適量
  • 糸唐辛子 …適量
  • ごま …適量
<A>
  • ごま油 …大さじ1
  • 酒 …大さじ1
  • みりん …大さじ1
  • 醤油 …大さじ2
<B>
  • コチュジャン …小さじ1
  • 干ししいたけのもどし汁 …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1
  • 砂糖 …大さじ1
  • ニンニク …少々

作り方

1 下ごしらえ
干ししいたけを水に浸けて戻しておく、春雨も料理の前に戻して、ごま油少々(分量外)で和えておく。
2 切る
まいたけは食べやすい大きさに割き、戻したしいたけは7㎜ほどにスライス、ニンジンは細切り、玉ねぎはスライスしておく。湯を沸かし、サッとニラをゆで、冷水にとってしっかりと色止めをしたら3センチ幅位に切って、ごま油と塩で和えておく。
3 食材ごとに炒める
2のまいたけとしいたけ以外の食材を、それぞれ種類ごとに米油と塩で炒めて1つのボウルに合わせておく。
4 きのこ類を炒める
Aのごま油をフライパンにひき、まいたけとしいたけを入れて炒める。両方に火が入ったらAのごま油以外の調味料を加えて炒め、3のボウルに加える。
5 タレを作る
Bの調味料を小鍋に入れて中火にかけ、沸々として全体が混ざったら火を止める。
6 仕上げる
4のボウルの中に食べやすい大きさに切った1の春雨を加え、5のタレの半量と、松の実、こしょう、糸唐辛子を加えて全体を和える。全体に味が絡んだら味見をして、味が薄ければ残りタレを加えて味を整える。

Point

  • 1種類ずつ火を通して最後に合わせる

    野菜はそれぞれ火の通り方が異なるので、通りにくいものから一種類ずつ火にかけていき最後に合わせる。

  • 野菜がメインのおかずなので、どんこしいたけを使って食べ応えを出す。干ししいたけは実は種類が豊富な食材。どんこは食べ応えがあり、美味しいダシもとれるとてもバランスが良い品種。

副菜 memo

シンプルな野菜のサラダがぴったり

野菜の旨味を堪能できるので、副菜には水菜と春菊を使ったサラダがおすすめ。春菊をちぎって、切った水菜をごま油で合えて、醤油、お酢で味付けたシンプルなものが合う。