FOOD & RECIPE

「わたしの胃袋ごはん 急上昇のタラシチューのポットパイ」暮らし上手のたまごさん 山崎ぼぶ

2018/12/04

「わたしの胃袋ごはん 急上昇のタラシチューのポットパイ」暮らし上手のたまごさん 山崎ぼぶ

「シチューって白米と一緒に食べる?」
そんな話で盛り上がり上がる今日この頃。私の家は昔から、白米少しとシチューとムニエルみたいな献立が定番。だから別に白米と一緒に食べることに大きな抵抗はない。兄なんかは、ご飯の上にシチューをかけていた。大人になって、白米と一緒に食べることに抵抗がある人が多いことに気がついた。今朝、ケンタッキーの横を通ったら、チキンポットパイの広告がぶら下がっていてポットパイ熱が自分の中で急上昇した。仕事終わりに、冷凍パイシートと旬のタラ、ほうれん草、豆乳を買って帰宅。シチューは、旬のタラとほうれん草、ホワイトソースは牛乳ではなくさっぱりと豆乳で仕上げることに決めた。そこに、パイシート1/2枚を豪快に乗せる。照り用卵黄を塗って、200℃のオーブンで15分。プクプクと膨らむ様子は、ずっと見ていても全く飽きない。出来立て熱々のポットパイを、スプーンでサクッと一箇所割る。シチューの湯気が一気に出てきて、これぞまさに至福の時。豆乳で仕上げたシチューは、ご飯にかけるというよりパイにぴったり。もしかしたら、何年後かに同じ質問をされたら、パイ派と答えるかもしれない。

 大好きだった連載も今日で最後です。
たまごさんとして見守ってくださりいつも読んでくださった方ありがとうございました。
もっと成長して皆様にお会いできるその日まで。

スタイリスト 木村遥

山崎ぼぶ

暮らし上手のたまごさん山崎ぼぶ

料理家アシスタント・編集アシスタントなど様々な角度から料理について学ぶ日々。美味しいごはんと美味しいお酒が元気の源の24歳。