FOOD & RECIPE

「わたしの胃袋ごはん」vol.17 暮らし上手のたまごさん 福田みなみ

タグ:

2018/05/15

「うちの定番」そう聞いて何を思い浮かべますか?
ハンバーグ、カレー、唐揚げ、煮物など小さい頃からのそれぞれの家庭の味。
市販のルゥに、ジャガイモ、人参、玉ねぎ、薄切りの豚肉が入ったカレーが福田家の定番で、何かといえばいつもカレー。お母さんの得意料理だったのかもしれないけれど、そんな普通のカレーがあまり好きではなかったのが正直なところ。思春期になると「ああ、今日もカレーか」そんなこと思って、私だけ違うもの食べたりして反抗していました。そんな時期、初めてできた彼氏に「カレーが食べたい」と言われて、作ったカレーは、まずいと言われてあっけなく終了。あの時はショックで2週間くらい立ち直れず、思い出すとなかなかの苦い思い出。何だか、カレーには良い思い出がありません。
そんな私も料理家の先生のアシスタントをつかせてもらえるようになり、私の食の世界は一気に広がっていきました。ある日の試作はバターチキンカレー。正直心の中は、「でた、カレー」と思っていたのはごめんなさい。お昼ごはんは、もちろんさっきの試作カレー。半ば嫌な気持ちと、バターチキンという名前にそそられて食べてみたら驚き。
ひと口食べた瞬間に、カレーめっちゃ美味しい。そんなワクワクした気持ちに変わりました。好きな食べ物ランキング急浮上。
将来、うちの定番=カレーが美味しい記憶として残ってくれるように、美味しいカレーの研究は、私の胃袋と共にまだまだ続きそうです。

スタイリング:木村遥

暮らし上手のたまごさん福田みなみ

料理家さんのアシスタント、飲食店で働きながら日々勉強中。美味しいごはんを食べることが一番の楽しみ。