基本を見直して、料理をより楽しく!

 

「料理の基本、きちんと身についていますか?」と問われ、自信をもって「はい」と答えられる人はどれだけいるでしょうか。毎日料理をする人も、失敗すれば基本を見直したくなるし、たまの休日や時間が空いた時だけという人は、「レシピだのみ」を卒業したいはず。

 

実は、食材の切り方や基本の調理法など、料理をはじめる時に覚えておきたいことは数多くあります。ですが、そんな“料理の基本”って、「食材の下ごしらえをしっかりする」、「食材を切る大きさが適切」、「早めに火を止める」……など、すぐに見直せることがほとんどなのです。

 

本書では、だしのとり方や調味料の個性、調理方法はもちろん、レシピ本に書いてある「少々」、「ひとつまみ」、「ひとつかみ」その違いをはじめ、改めて“料理の基本”(食材の切り方、下ごしらえ、焼き方など)を一から解説する料理の説明書になります。料理上手を目指すビギナーにはもちろん、そのままにしておいた料理の小さな疑問を解消する知恵をお届けします。

Contents

Part.1

調味料の基礎

種類や効果を知れば料理の幅が広がる!


Part.2

食材の切り方と下ごしらえ

料理の仕上がりは切り方で決まる!


Part.3

基本調理の手順

調理手順を見直して、より料理に磨きを!


Part.4

定番料理のコツ

味も見た目も差がつく!


Part.5

調理道具の選び方

調理道具の基本や使い方を総おさらい!

おすすめの記事

こちらの本もあなたにおすすめ