今日の晩ごはん

イカの塩レモンピラフ

調理時間
25分

おかずいらずの絶品ピラフ

塩レモンで味付けされたイカピラフは、これだけで何杯でも食べられるご馳走ごはん。米を研ぐ手間もいらずに、ぱぱっと出来るから急な来客時などにも大助かり。

材料 ( 2人分 )

  • 米 …2合
  • いか …1はい
  • 玉ねぎ …小1/4個(30g)
  • ニンニク …1かけ
  • オリーブ油 …大さじ2
<A>
  • 水 …300ml
  • 白ワイン …50ml
  • 塩レモンの汁 …小さじ1
  • 塩レモン …適量
  • ローリエ …1枚
  • パセリ(みじん切り) …大さじ3
  • コリアンダー(みじん切り) …大さじ1

作り方

1 材料を切る
イカはわたを取り除き胴は1cm幅の輪切り、足は適当な長さに切る。玉ねぎ、パセリ、コリアンダーはみじん切りにする。
2 イカの胴を炒める
厚手の鍋に油大さじ1とつぶしたニンニクを入れて火にかける。香りが立ったらイカの胴を入れてさっと炒めて取り出す。
3 米を炒める
2の鍋に油大さじ1を足してイカの足と玉ねぎを炒め、米(洗わなくてよい)も加えて表面が透き通るまで炒める。
4 米を炊く
A、ローリエ、コリアンダー、パセリを加えて蓋をし、中強火にかける。煮立ったら弱火にし、15分炊く。炊きあがったら2で炒めたイカを入れて10分ほど蒸らす。
<塩レモンを作る>
レモン3個は水けを拭き、乱切りにする。保存瓶に粗塩100gとレモンが層になるように入れる。冷蔵庫に保存し、一日一回程度上下を返す(スプーンなどでかき混ぜても良い)10日程度で使えるようになる。
※このレシピは塩の分量が多いので、あまり水分が出ない、好みで塩の量を調整をしてみて。

Point

  • 米が透き通ってくるまで炒める

    米が透き通ってくるまでニンニク、玉ねぎ、イカの足と一緒に木べらなどを使って炒める。

  • 話題の塩レモンは、塩の分量を多めに作ると水分が少なく仕上がるので使いやすい。魚介類とレモンは定番の組み合わせ。さわやかな香りと酸味がよく合う。

副菜 memo

トマトとアボカドのレモンサラダ

イカやニンニクを使った料理はトマトと好相性。サラダの上にレモンの皮をけずって散らせばさらにピラフにぴったりの副菜になる。味付けにはオリーブ油と酢がおすすめ。最後に塩こしょう少々で味を調えて。