今日の晩ごはん

夏野菜の揚げ南蛮

調理時間
25分

夏野菜を一気にいただこう

暑い日に身体が喜ぶ甘酸っぱいタレで、栄養豊富な夏野菜を漬け込んだ一品。たくさん使って冷やしておいて、次の日のランチに麺の上に乗せたり、ご飯の上に乗せたりとアレンジしても◎。

材料 ( 2人分 )

  • ナス …1本
  • ミニトマト …2個
  • カボチャ(薄切り) …2切れ
  • インゲン …4本
  • ズッキーニ …1/3
  • オクラ …4本
  • シシトウ …4本
  • ミョウガ …2個
  • 枝豆 …約20粒
  • ゴーヤ …2切れ
<南蛮ダシ>
  • ダシ …200ml
  • 酢 …200ml
  • 醤油 …20ml
  • 酒 …30ml
  • 砂糖 …大さじ2
  • 塩 …3g
  • 千切りショウガ …適宜
  • 揚げ油 …適量

作り方

1 ダシを作る
南蛮ダシの材料を鍋に入れて沸騰したら止める。
2 下ごしらえをする
ナスは乱切りにし皮に切り込みを入れる。ズッキーニは面取りをし、インゲンはヘタをとる。オクラはガクを取り、カボチャは1cm厚に切る。トマトは湯むきをし、シシトウは竹串でいくつか穴を開ける。ミョウガは縦切りにし、ゴーヤは1cm厚に切る。枝豆はさっとゆでて鞘から出す。
3 揚げる
トマトと枝豆以外を160度の油で揚げる。
4 ダシに漬ける
トマトと枝豆、揚げたての3を熱いうちにダシに漬ける。15分ほどおいたら美味しくいただける。

Point

  • 熱いうちにダシに漬ける

    揚がったらすぐに南蛮ダシの中へ入れる。南蛮ダシが冷めると、徐々に味が染み込んでいく。

  • 野菜は少し面倒でも丁寧に下ごしらえすると味も見た目もワンランクアップする。また、シシトウは穴を開けると、揚げた時にポンっと爆発することを防げる。ズッキーニを面取りすると口当たりもよくなる。

副菜 memo

南蛮ダシを活用する

主菜には、野菜しか使われていないので、ボリュームアップしたい場合は、ゆで卵を南蛮ダシにつけて食べるのがおすすめ。卵のゆで時間はお好みで。半熟の黄身を野菜にかけていただくのも◎。