今日の晩ごはん

ブリのハーブ焼き

調理時間
15分(下味をつける時間は除く)

ハーブが香る洋風塩焼き

ブリは塩を振ってしばらく置くことで独特の臭みが抜けるので、雑味のないブリ本来の旨味を味わうことができる。タイムの香りと焼いたトマトがよく合います。

材料

  • ブリ …2切れ(200~240g)
  • タイム …3~4枝
  • トマト …1個
  • ニンニク …1/2片
  • 塩 …小さじ1/4
  • こしょう …適量
  • オリーブ油 …小さじ1
  • 白ワイン …大さじ1

作り方

1 下ごしらえをする
ブリの両面に塩を振り30分以上置く。キッチンペーパーで水けを拭いて、こしょうを振る。トマトはヘタを取り1cm厚さの輪切りにする。ニンニクは薄切りにする。
2 焼く
フライパンにニンニク、オリーブオイルを入れて中火で熱し、香りが立ってきたら1のブリを並べ入れる。焼き色がついたら裏返し、裏も約1分焼いて、タイムを加える。白ワインを回し入れて蓋をし、約3分蒸し焼きにする。
3 仕上げる
蓋を取り、ブリを端によせて空いたスペースにトマトを入れて両面焼く。トマトがくたっとしてきたら出来上がり。

Point

  • トマトをソースがわりに

    冬のトマトは甘みが控えめなものが多いので、焼いて甘みを引き出す。くったりしてきたらソースがわりにしてブリと一緒にいただく。

副菜 memo

シンプルなポテトサラダを

魚が主役の主菜は、シャガイモやかぼちゃなどを合わせて食べごたえを出して。玉ねぎやきゅうりを混ぜたシンプルなポテトサラダがおすすめ。茹でたジャガイモに酢をたらしてさっぱりと。

kurashiのマナビ舎vol.03 がま口ポーチ講座
アンケートに答えると特別価格で参加のチャンス!尾田衣子さんの料理教室~GLOBALとGLOBAL-ISTを切り比べられます!~
カレーもおこわもワイン煮も!甘さを活かしたサツマイモレシピ