今日の晩ごはん

鯛ご飯

調理時間
60分

鯛をまるごと1匹使った豪勢な炊き込みご飯

おもてなしメニューとしても重宝しそうな鯛ご飯。鯛は炊く前に一度焼き色をつけておくと、旨味が増して見栄えもよくなる。

材料 ( 作りやすい分量 )

  • 米 …2合
  • 鯛(姫鯛や稚鯛など小さいもの) …1尾 ※切り身の場合は骨付が望ましい
  • 昆布(5cm) …1枚
  • 薄口醤油 …大さじ2と1/3
  • 日本酒 …大さじ1
  • 水 …350ml
  • 木の芽(または三つ葉) …適宜

作り方

1 準備
鍋(炊飯器)に水と昆布を合わせて入れておく(昆布の味をだしておく)。※作っておいた昆布水でも可。
2 米を研ぐ
米を水で洗い、ざるに上げて30分程度置く。
3 鯛の下ごしらえをする
鯛のうろこ・えら・内臓をとり、魚焼きグリル等で両面にこんがりと焼き色をつける(完全に焼けてなくてよい)。
4 米を炊く
鍋(炊飯器)に米、水、薄口醤油、酒を入れかき混ぜ、昆布と鯛をのせて炊飯する。
5 仕上げる
炊きあがったら鯛と昆布を取り出し、鯛の骨を丁寧に取り除いて身をほぐしてごはんに戻し、優しくかき混ぜる。好みで木の芽をのせる。

Point

  • ビニール袋に入れてうろこを取る

    鯛をビニール袋に入れてその中でうろこを取ると、後片づけも楽。手で触ってきちんとうろこがとれているかチェックを。

  • 1リットルの水を入れた保存瓶に5cm長さの昆布を3枚程度入れて3時間程度置いて作る「昆布水」は、炊き込みご飯や煮物を作るときに重宝する。冷蔵庫で約1週間程度もつ。

副菜 memo

鯛をあますことなく使うお吸い物を 

鯛の身をほぐした際に残るアラ(頭や骨)でダシを取り、お吸い物をぜひ作ってみて。春の訪れを教えてくれる菜の花をおひたしにして、少し早い春を感じるのもおすすめ。