今日の晩ごはん

春菊と牡蠣のジェノベーゼ

調理時間
20分

春菊のジェノベーゼが濃厚な牡蠣と好相性

バジルの代わりに春菊を使ったオリジナルのジェノベーゼ。ソテーした牡蠣を合わせることで、味も見た目もリッチな一品に。食べ応えのあるリングイネがよく合う。

材料 ( 2人分 )

  • 春菊 …2/3把
  • パルミジャーノ …40g
  • 松の実 …50g
  • ニンニク …1/2片
  • 塩 …小さじ1
  • EXVオリーブ油 …1/4カップ
  • リングイネ …160g
  • 牡蠣 …10個
  • 塩 …ひとつまみ
  • 薄力粉 …適量
  • レモン …1/4個
  • オリーブ油 …大さじ2

作り方

1 下準備をする
リングイネをゆでるお湯を沸かす。春菊は葉をちぎり(茎は不使用)、パルミジャーノとニンニクはそれぞれすりおろし、松の実、塩、EXVオリーブ油と一緒にフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。
2 パスタをゆでる
お湯が沸いたら塩少々(分量外)を入れ、パッケージのゆで時間を参考に、リングイネをゆでる。
3 牡蠣を焼く
牡蠣はよく水洗いしてから、水気をよくきり、塩を振って小麦粉をまぶす。油を熱したフライパンで両面をよく焼く。焼き上がりにレモンを搾る。
4 仕上げる
リングイネがゆで上がったら、1のペーストと和えて皿に盛る。上に牡蠣を乗せる。

Point

  • レモンで味にアクセントをつける

    牡蠣は、最後にレモン汁を軽く和えるのがコツ。コクの中に爽やかさが生まれ、より美味しくなる。

  • 春菊はジェノベーゼにすると苦味がなく、美味しく食べられるので、バジルの代わりに春菊を使うのが黒田さん流。春菊が苦手な方や、子どもにも大好評!

副菜 memo

バケットの副菜で食べ応えアップ

フルーツトマトのガーリッククロスティーニを合わせれば週末の食卓がさらににぎやかに! 湯むきしてカットしたフルーツトマトに塩、ビネガー、オリーブ油を和えたものを、トーストしてニンニクをこすりつけたバゲットの上にのせれば完成。