今日の晩ごはん

変わり酢豚

調理時間
25分

豚薄切り肉でヘルシーに仕上げる

豚バラ肉は使わず、薄切り肉で作るヘルシーな酢豚。調味料をしっかり煮切ると酢の酸味が抑えられてマイルドな味わいに仕上げることができる。

材料 ( 2人分 )

  • 豚もも肉(薄切り) …8枚
  • 長ねぎ …1本
  • 片栗粉 …大さじ1
  • カボチャ …スライス8枚
  • ミニトマト …4個
  • サラダ油 …大さじ4
[A]
  • 豆板醤 …小さじ1/2
  • 酢 …大さじ2
  • みりん …大さじ2
  • 醤油 …大さじ1
  • 八角(ホール) …お好みで

作り方

1 材料を準備する
長ねぎは切れ込みを入れながら4cm位の長さに切り、豚肉を巻きつける。ぎゅっと握って形を整え、片栗粉を薄くまぶす。ミニトマトは上下半分に切る。
2 焼く
フライパンに油を熱し、1を巻き終わりを下にして焼きはじめ、まず全面を焼き固める。カボチャを加えて、ふたをして火を通す。途中、カボチャを返し、豚肉を転がして両面に焼き目をつける。
3 煮絡める
焼き上がった2を一度取り出す。カボチャはそのまま皿に盛り付ける。フライパンの余分な油をふき取り、[A]の豆板醤を炒め、酢、みりんを加えて沸騰させ、醤油、八角を加える。2の豚肉、ミニトマトを加えてたれを絡める。

Point

  • 豚肉は同じ太さに成型する

    長ねぎを豚肉の端に置き豚肉を巻きつけていく。同じ太さに成型しておくと火の通り加減が均一になる。

  • 豚肉と調味料を煮絡める前にしっかりと煮切っておくと、酸味が和らぐだけでなく、旨味が増して奥行きのある味わいに。酸味が苦手な人も美味しく食べられる。

副菜 memo

水気のある野菜を使った副菜が好相性

主菜は、醤油、酢、みりんを煮絡めてしっかりと味が付いているので、箸休めになるようなさっぱりとした副菜がよく合う。ハクサイや生の大根など水気の多い野菜と合わせるのも◎